Main | 短歌:かなしみ2 »

April 08, 2004

短歌:かなしみ1

☆本当に痛かったのはたくさんの傷の中でも小さなかけら(小野伊都子)

小さなかけらほど、痛みが鋭くて、深い。
悲しみも、同じだと思う。

これは、ある事件をテレビで知り、生まれた歌。

☆ありえないこと見届けたその後で白紙のままの自分に気付く

☆後味の悪いドロップ連続で出てくる手のひら洗わずに行く

という歌と共に、体の奥底から湧いてきたような、歌。

|

Main | 短歌:かなしみ2 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27393/414621

Listed below are links to weblogs that reference 短歌:かなしみ1:

Main | 短歌:かなしみ2 »