« 緑のひととき。 | Main | 枡野さま。 »

July 26, 2004

夏と100冊。

昨日の夜は、みんなで餃子をつくって食べた。

中身の餡をつくるのは、自称・天才料理人のダーリン。
シンプルに、キャベツ・にら・豚ひき肉・しいたけ・調味料で味付け。
よく練られた餡が、ど~んと、いちばん大きなボウルに入れられて、
「はい、ここからはまかせた!!」と、ダーリンは野球中継を観に戻る。

皮は手作りのほうがおいしいんだけれど、なかなかできないので
ダイエーで買ってきた22枚入りの餃子用の皮を3袋用意。
お水と、餡を小分けしたお椀をふたつ、スプーンを揃えて、ぎょうざ作り開始。

カイは、手馴れた様子で、きれいにギャザーを寄せていく。
将来、なかなかいい料理人になるに違いない。
(これからの男の子は、料理もできなくちゃね。生きていくために。
 その代わり、私は電化製品の修理とか、ちゃんとするよ。当然!!)

ヒナのは、金魚のように、小さなフリルをつけていった形で、可愛い。
「かばんの形にしたの~」なんて、創作料理っぽく、ノリノリになっている。
もともと、ヒナはお菓子作りの時にアシスタントになることが多いので、
いつもとてもはりきって、いろいろなお手伝いをしてくれる。

今回は、コトが寝ていたので、なんとか私も次々と餃子を作っては
お皿に並べていくことができて、「お母さん、早い~」と言われて
母の面目躍如というところだったけれど、
昔は上手にできなくて、とても悔しかった覚えがある。

母は、満州で生まれたので、祖母が覚えた本場の餃子を食べて育った。
水餃子と焼き餃子を、半々で作り、いつも300個くらいは作っていたそうだ。
300個と聞くと、わ~そんなに!?多い!!と思うけれど、
いつか、祖父のところに集まって、みんなで作った時、ぺろりと食べてしまった。

家族みんなで作って焼くのなら、けっこう食べられるから、不思議。
できあがった餃子は、机の上のホットプレートで、焼いていく。
しっかりと焼き色をつけて、かりっとさせるために、けっこう時間をかけて。

たれの代わりに、味ぽん。そして、おろし醤油。
どちらもおいしくて、みんなでパクパク食べていった。
お約束の、チーズ入りのもとろけておいしい。

「やっぱり、餃子は手作りが最高だね♪」
みんなの意見が一致して、餃子パーティーは終了。

じゅうじゅう。
みんなが笑顔になれる秘密の音。
また今度、やろうね。

+++++++++++++++++++++++++++++++++++

今朝、ヒナがなかなか起きてこなくて、起きてからもゴロゴロしてると思ったら、
「おなかが痛い」「のどが痛い」「気持ちが悪い」などなど、症状が出てきて・・・
結局、保育園はお休み。この機会に、鼻水の止まらないコトもいっしょに、病院へ。

そういえば、昨夜は少し涼しくて、いつもは開けて寝る窓を、ほとんど閉めていた。
これまでが暑すぎただけに、体調を崩しやすいのかも。
病院も、予約を取る段階でもう、13:20~しか空きがなかったくらい、混んでいる。

幸い、軽い夏風邪ということで、薬を処方してもらって、変える頃には元気に。

+++++++++++++++++++++++++++++++++++

帰り道、本屋さんに寄って、涼んでいった。

今年の夏はまだ、夏の文庫本のガイドブックをもらってない。

いちばん好きなのは、「新潮文庫の100冊」で、
可愛いYonda?君100%ORANGEが描いているというだけじゃなくて
なんだか、たたずまいがいいというか、しっくりくる。
私の夏の原点のような気がする。

思えば、いつも新潮文庫の本が手元にあって、
ぬるい網戸越しの風や、蝉の終わらないコーラスと共にあった。

毎年、この「新潮文庫の100冊」を片手に、
この本は読んだ、これはまだチェックをしている。

☆100冊の本を読むよりかけがいのないあの人と100km歩こう(小野伊都子)

こんな短歌を、4年前に詠んだけれど、
かけがいのないあの人と読む、100冊の本もいいなと思う。

ちなみに今日、私は『黄金の羅針盤上・下』を買った。
夏にしか読めないような、冒険もの。
『ロード・オブ・ザ・リング』のスタッフで映画化も決まっているらしい。
女の子が主人公というのも、北極が出てくるという設定も、とても楽しみ。

あなたはこの夏、何冊の本を読みますか?

|

« 緑のひととき。 | Main | 枡野さま。 »

Comments

こんにちわ!
子供時代を満州でちょっと過ごしたことのある父が作ってくれた餃子はいつも水餃子☆
焼餃子なんて見たことなかったのですが、ここ○年は焼餃子専門になってしまってました。
たまには父を思い出して水餃子、作ってみようかな♪

本屋のレジ横に時々置いてある文庫の目録。
簡単なあらすじまで書いてあって、もらって目を通すのが楽しみだったりします☆
「黄金の羅針盤」面白そうですね♪
暑さに負けて、ここしばらく軽いエッセイの類しか読んでないけれど、ちょっとチェックしてみようかな。

Posted by: kinako-cat | July 30, 2004 at 06:43 PM

kinako-catさん、いらっしゃいませ。

わぁ、お父様の満州仕込みの水餃子!!
とてもおいしいんでしょうね。
母も満州で何年か過ごしてますよ。
また今度、水餃子のおいしい作り方、教えてくださいね。

kinakoさんも、目録読まれるんですね☆
本を買わなくても、あれには目を通しちゃいますよね~。
『黄金の羅針盤』おもしろいですよ。

Posted by: IZU1969 | July 31, 2004 at 02:24 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27393/1054428

Listed below are links to weblogs that reference 夏と100冊。:

« 緑のひととき。 | Main | 枡野さま。 »