« ある日 ここから | Main | いのちの灯る絵 »

October 30, 2004

できること。

新潟中越地震で、とても深刻な被害が出ている。

寒くて、怖くて、眠れない。
食べるものがない。

そして、何度も起こる余震に
心までもが揺れて、震えがとまらない。

生まれたばかりの赤ちゃんを抱えた人。
たくさんの人でごった返す、冷え切った体育館。
危険を承知しながらも、車で生活するしかない家族。

どんなに、寒いだろう。
どんなに、心細いだろう。
どんなに、疲れているだろう。

連日の過酷な状況を知るにつけ、
私の心も揺れて、震え続けている。

何ができるだろう。
何をやらなくてはいけないだろう。

地震が起こってから、考え続けていた。

そして、こう思った。
私ができるのは、自分のことばを書き続けること。
そのことばを通じて、この地震について考えてもらうこと。

それが、本当に被災者の方々に届くかどうかは、分からない。
けれども、私は唯一自分にできることを、精いっぱいやるしかない。

そして、「ある日 ここから」を書き上げた。

あの地震の中で、たくさんの命が失われたこと。
それでも、ちいさくても光る、命のともしびが消えなかったこと。

そんなことを思いながら、書いたことば。

どうか、みんなのところへ、届きますように。

+++ 日本赤十字社 新潟県中越地震災害義援金+++

そして、いつもあたたかな英語俳句を書いている『English Haiku』さんの
お知らせを読ませてもらって、共感しました。

でも、私は書き続けることが、自分なりにできることのひとつだと考えました。
何にせよ、どんな形にせよ、思いを形にして届けていくことがたいせつだと。

たとえ、宛先が決まっていないとしても。
人々の手に届くまでに、とても時間がかかるとしても。

|

« ある日 ここから | Main | いのちの灯る絵 »

Comments

1人にできることは小さくても、
何かを続けること、何かを発信することで、
さざなみを起こし、そよ風を起こし、大きな地球を
とりかこむ大気にすることもできるのかもしれません。

明日から私もまた3行の言葉たちを発信していきます。
ささやかな毎日を読むことで、
何が生まれるのかは分かりません。
でも、ささやかな瞬間が重ねられて、人は生きているのだと
思っています。生きることは時々残酷で苦しいけれど、
悪いことばかりじゃないと思いたいから、ささやかな
毎日を詠い続けていくつもりです。

小野さんの優しい言葉が、たくさんの人に届きますように。
素敵な詩を読めてうれしかったです。

Posted by: Mamico | October 31, 2004 at 11:07 PM

人の親になってはじめて守るということを知る
そして人への優しさもまた今までとはまた違うものになっている
これも今まで以上に心配でどうしようもない天災の悲惨さを
受け入れるのは難しいですよね
毎日悲しい思いです

Posted by: boubo | November 01, 2004 at 09:15 PM

天災はいつか突然やってくる。

この壊れやすい地球に住んでいる私達は、その事を忘れてはいけないのかもしれません。
だからこそ、人間は助け合って生きていきたい…
その人の想いや、ちょっとした行動で、少しでも世の中変わると信じたいです。

私も私に出来る事を探してみよう☆

Posted by: kinako-cat | November 04, 2004 at 01:58 PM

うう~ん さすがです!
じんわりとふんわりと、心に広がる言葉。
タイミングも選び方も
とてもとても優しい言葉たち。
引っ越しした日が、あの地震で、
疲れ果てて、夜、居酒屋でご飯を食べて入るときに知りました。
それから、心を痛めながらも
やっぱり家の片付けに翻弄されている毎日。

あたしも何かを作りつづけるしかない
心がほんわかするような、何かを。
うん、そうだよね、きっと。

Posted by: ららん♪ | November 04, 2004 at 06:50 PM

☆Mamicoさん

たった17文字の言葉でも、読む人の心を潤したり
笑顔にしたりできる、Mamicoさんを尊敬しています。
そして、自分の気持ちに向き合って、しっかりと立ち止まり、
進むべき道を、見極めていくその勇気も、優しさも。

たったひとつの言葉が、一生の宝物になり
たったひとりの人が、かけがえのない人になり
たった一度の出会いが、無限に広がっていく・・・。

その素晴らしさを、Mamicoさんに改めて教えてもらいました。
せっかちに前に進もうとしていた私ですが、
時には腰を下ろして、地面の花や遠い空を眺めて、
頬に当たる風を感じていくことも大切ですよね。

言葉にできること。伝えるということ。
音楽が空気を震わせ、そして心にも響くように、
あたたかい言葉たちが、風に乗って誰かに届くといいですよね。

たんぽぽのようにありふれた言葉でも世界を変える種を飛ばせる

「thank you」をテーマにした、私の短歌です。
Mamicoさんに、そしてここを支えてくださる人々に、
もういちど大きな声で伝えます。Thank You!!

Posted by: 小野伊都子(Mamicoさんへ) | November 06, 2004 at 10:14 AM

☆bouboさん
愛しい存在が増えると、それだけ心配も増えて、せつなくもあります。
大好きな人たちの笑顔を、守りたい・・・。
それだけを願っている人も、たくさんみえるでしょうね。

天災のもたらすものは、悲しみと行き場のない怒り。そして無力感。
すこしでも、そういう負の感情が減っていき、
笑顔が増えるように、できることを少しずつしなくてはと思います。

Posted by: IZU1969(bouboさんへ) | November 06, 2004 at 07:54 PM

☆kinakocatさん
ある人が、地球は大きな貯金箱だと言っていました。
だから、もらってばかりいたら、地球はからっぽになる。
もらった分は、しっかり返さなくては、地球は壊れてしまう。

そんなことを忘れて、日々を過ごしがちな私たちですが、
今回の地震や台風で少しだけ目が覚めたのかもしれません。

何もできない、しないではなくて、
少しだけど、ちいさなことだけど始めようという気持ちが
きっと世界を動かして、地球を住みやすくするんですよね。

Posted by: IZU1969(kinako-catさんへ) | November 06, 2004 at 08:08 PM

☆ららん♪ちゃん
お引越し、お疲れ様でした。
我が家も引越し後、長い間すっきりしなかったから、
よ~く分かるよ。無理せずに、じっくり片付けていってね。

ららん♪ちゃんの作品には、とてもあたたかな思いを感じます。
なんていうのかな、「ココロの芽」というような
くすぐったくなるような、やわらかくて、心地よい何か。
でも、しっかり空を向いて伸びていく力も感じるの。
ぜひぜひ、ららん♪ちゃんの作品で、やさしい思いを届けてね☆

Posted by: IZU1969(ららん♪ちゃんへ) | November 06, 2004 at 08:11 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27393/1808372

Listed below are links to weblogs that reference できること。:

» 再開の前に [English Haiku]
しばらくブログの更新をお休みしていました。 その間、色々な方が温かい言葉をプレゼントしてくださいました。 コメントをくださった皆さん、顔を見たこともない... [Read More]

Tracked on October 31, 2004 at 10:51 PM

« ある日 ここから | Main | いのちの灯る絵 »