« ケータイ短歌:自転車 | Main | 題詠マラソン004:淡 »

May 14, 2005

空のごほうび。

200505121809.jpg

おとといの夕方、どしゃぶりになった。

保育園にお迎えに行ったときには、ちょっと雨脚が強くなった程度。

けれど。

園の隣りにある、学童保育へカイを迎えにいって、
今度の父母会の資料なんかを印刷していたら
だんだんだんだん、雨がざんざか降ってきて。

雷も鳴る。
風も吹きつける。

見る見るうちに、辺りは小さな池のよう。

それでも、なんとか帰れると思って、
抱っこひもでコトを抱き、傘を忘れたカイを引き寄せ
なかなかうまく傘を差せないヒナを誘導しながら、家へ。

5mも行かないうちに、いじわるな雨や風は
じゃあじゃあ、びゅうびゅう、私たちを叩きつけて、びしょぬれにする。

「ひゃあー」
「なにこれー、台風みたいだよぉー」

悲鳴をあげながらも、顔が笑ってしまうのは、なぜなんだろう。
もう、お気に入りのワンストラップシューズはの中も、海のようだ。
珍しく履いていった、ベージュの円形スカートは、サバランみたいにしっとりしている。

押しボタン式の信号の前で、信号を変わるのを待つけれど
あまりの強い雨に、道路も水が溜まってしまっていて、車もうまく動けない様子。
必死で団地に辿り着くと、靴がびしょぬれになって気持ちが悪いと、ヒナが泣きべそ。

なんとか励まして、うちに到着したときには、
本当にみんなみんな、びしょぬれ、ぬれねずみ。

玄関で靴下も脱いで、タオルで身体を拭いて、着替えて。
やっとひと息ついたとき、窓の外ではもう、青空が広がっていた。

そして、帰ってきたダーリンが、教えてくれた。

「虹が出てるよ」

すぐに、走ってこどもたちと廊下に出てみる。

ほんとうだ。北東の空に、ほんわりと七色の光。

「きれいだねー」
「ねー」

うっすらと広がる虹を見てみると、どうやらちゃんと半円になっているみたい。

急いで、ベランダから南東を見てみると、もっとくっきりした見事な虹が、
向かいの棟の上にかかっていて、みんなで見とれてしまった。

これは、空からのごほうび。

どしゃぶりの中を、歩いたから、味わえたうつくしいもの。

みんなのところにも、届きますように☆

☆雨は止む虹は輝くぼくたちは恋をしているこの星の上(小野伊都子)

|

« ケータイ短歌:自転車 | Main | 題詠マラソン004:淡 »

Comments

ほんとに雨ひどかったですよね~
風もひどくて、うひゃー と思ってたら、
いつの間にか雨がやんですごい綺麗な夕日。
そのあとは、この辺は霧がでてましたけど。
霧っていうのもまた、幻想的でグー
(車運転してなきゃ)

Posted by: ららん♪ | May 14, 2005 at 12:42 PM

☆ららん♪ちゃん
そちらでも、やっぱりどしゃぶりだったのね。
霧も幻想的でいいなー。
でも、同じく車に乗ってない時なら!

Posted by: IZU1969(ららん♪ちゃんへ) | May 14, 2005 at 02:38 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27393/4116895

Listed below are links to weblogs that reference 空のごほうび。:

« ケータイ短歌:自転車 | Main | 題詠マラソン004:淡 »