« 短歌:ヒナ短歌1 | Main | 題詠マラソン007:発見 »

June 11, 2005

雨の歌。

6月といえば、雨。

だから枡野浩一さんのかんたん短歌blogのお題も、
NHKラジオの『土曜の夜はケータイ短歌』のお題も「雨」。

雨の短歌を考えていたら、雨の歌をたくさん、思い出した。

♪『天気読み』小沢健二
すごーく、好き。雨が降ってきたとき、よく口ずさんでいる。『愛し愛されて生きるのさ』も。

♪『Water Color』大滝詠一
すごーく古い曲なんだけど、好き。日本の雨のあの湿度を感じる。

♪『あじさい通り』スピッツ
大好きなアルバム『ハチミツ』から。せつない。マサムネの声って、雨みたい。

♪『ループスライダー』真心ブラザーズ
雨雲を突っ切って、太陽に届きそうな感じになれる。『JUMP』もいいな。祝・復活!!

♪『青い鳥』CHARA
彼女の歌は、本当に雨のよう。しみこんできて、忘れられない。

♪『魚ごっこ』BO GUMBOS
雨の曲じゃないんだけど、雨でも楽しくなれる。最近、復刻版『BO&GUMBO』をGET。

♪『雨あがりの夜空に』RCサクセション
雨あがりには、やっぱりこの曲!!そういえば、RCのベスト出たんだった。

まだまだ気になる「雨の歌」はたくさんあるけれど、
今回は、日本の歌で、しかも自分が口ずさめるようなものばかり。

みんなの「雨の歌」は、なんだろう?
洋・邦、そしてジャンル問わず、おすすめがあったら
どうかこの機会に、教えてくださいね☆

|

« 短歌:ヒナ短歌1 | Main | 題詠マラソン007:発見 »

Comments

♪あの日の君は~傘差して~♪
ご無沙汰しておりました。

ついに子供さんたちも短歌を作り出したのですね(^_^)V

私も久しぶりに「短歌」のHPを色々覗いて
少しやるきが戻ってきました。

がんばるどぉ~。
ありがとうございました。
では。

Posted by: うさお | June 12, 2005 at 09:06 AM

☆うさおさん
かぐや姫の「アビーロードの街」という歌ですか?
(ゴメンナサイ、分からなくて検索しました!)
すてきな歌詞ですね~。

短歌といえるようなものかどうか、わかりませんが
ことばを紡ぐ楽しさは、覚えてくれたようです。

歯はもう、だいじょうぶですか?
うさおさんがいないと、淋しいんですよ~。
ぜひ、新作短歌を読ませてくださいね☆
では、また!!

Posted by: 小野伊都子(うさおさんへ) | June 12, 2005 at 10:56 AM

私も好きな曲が多いです☆
雨だからこそ、映える歌。
沢山探して梅雨を乗り切りましょう♪

Posted by: kinako-cat | June 20, 2005 at 08:28 PM

☆kinakoさん
わーい、真心の『サマーヌード』以来、
kinakoさんとは音楽も、気が合いそうでうれしいな♪

雨だから映える曲、
口ずさみながら歩きたいですね~。
でも、空梅雨は困る!!ちゃんと降って~☆

Posted by: 小野伊都子(kinako-catさんへ) | June 22, 2005 at 02:01 AM

魚ごっこいいですよねー

Posted by: tgm | July 30, 2005 at 10:19 PM

☆tgmさん
はじめまして。
「魚ごっこ」で辿り着いてくれて、
とてもうれしかったです。

夏にぴったりの曲で、
いつ聴いても踊りだしたくなります♪

Posted by: 小野伊都子(tgmさんへ) | August 11, 2005 at 12:00 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27393/4415402

Listed below are links to weblogs that reference 雨の歌。:

» [スピッツ] [サウンドマニア]
スピッツスピッツ (Spitz)# 犬の品種一覧(犬の品種)の1つ。本項で詳述。# スピッツ(バンド) - 1987年に結成された、4人組のロックグループ。ボーカルは草野マサムネ。150万枚のセールスを記録した「ロビンソン」をはじめ、ヒット曲多数。結成当時は ss=... [Read More]

Tracked on June 11, 2005 at 08:23 PM

» お焦げの味確かめゐるやに [いろは 伊呂波 IROHA]
お焦げの味確かめゐるやに つまらなく詠草讀み据ゑ 拾ふ身細り漏れぬ世話を 行きて問はん無へ おこけのあちたしかめゐるやにつまらなくえいさうよみすゑ ひろふみほそりもれぬせわをゆきてとはんむへ  現在手元に塚本邦雄の本は無ければ、篠弘編の「現代の短歌」図書館より借り出して一読。茂吉、夕暮、空穂、文明、善麿、迢空の戦後作と戦後登場の歌人併せて百人の作を一定数づつ紹介し評釈加へしものなるが、戦前名を成せる大家との韻致の落差はほぼ絶望的なることを確認せしのみ。句割れ句跨りの安普請に暗喩二物衝撃法の取り合... [Read More]

Tracked on June 12, 2005 at 01:07 PM

« 短歌:ヒナ短歌1 | Main | 題詠マラソン007:発見 »