« 短歌:雨8 | Main | 短歌:雨10 »

June 27, 2005

短歌:雨9

☆あじさいは雨のためには咲いてない ほんとの花も隠したままだ(小野伊都子)

枡野浩一さんのかんたん短歌blogに投稿。

あじさいの「真花」は、花のように見える「がく」に隠れている。

「水の器」という名も持つ、あじさい。

雨が似合う花だけれど、凛としていて、
すてきな女性のようで、好きだなーと思う。

|

« 短歌:雨8 | Main | 短歌:雨10 »

Comments

ほんとに紫陽花は恥じらうことを知っている花ですよね・・・花のしたの茎まで青いんですもの。
けど今年は暑くて、可哀想です。

Posted by: 海の | June 27, 2005 at 12:18 PM

☆海のさん
そう、紫陽花は、「恥じらい」という言葉が
ぴったりくるお花ですよね~。
あの茎の青さも、控えめな美しさも、
毎日眺めたい花です。

たしかに、この天気ではかわいそう……。
空梅雨というよりも、日照りに近いような。
しっかり雨が降って、緑が潤うことを祈ります☆

Posted by: 小野伊都子(海のさんへ) | June 28, 2005 at 02:54 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27393/4726599

Listed below are links to weblogs that reference 短歌:雨9:

« 短歌:雨8 | Main | 短歌:雨10 »