« 短歌:カイ短歌2 | Main | 雨の歌。 »

June 11, 2005

短歌:ヒナ短歌1

200506111727.jpg  200506111726.jpg

☆あめはふる どうしてなのか わかんない そらでだれかが みてるよ(ヒナ)

この間のカイ短歌2に、コメントをたくさんありがとうございます。

カイにそのことを伝えたら、話を聞いていたヒナが、何やら思案顔。

「ねーねー、ヒナちゃんも雨の短歌、考えたよ!!」

そして、出てきたことばが、↑の短歌(?)なのでした。

またまた、びみょーに字足らずなのだけれど
なんだか哲学的な内容のような・・・。

もうすぐ6歳になるヒナは、今、背伸びしたくてたまらなくて
でもやっぱり、お兄ちゃんにはかなわないこともあって、
いつでもライバル心を、メラメラ燃やしております。

たくさん雨の絵を描いていたけれど、
どの絵のこどもも笑っているのは、雨でも楽しいから。

だって、お気に入りのさくらんぼの傘があるし、
かたつむりやかえるも遊びに来るし、
木もお花も喜んでいるし、水たまりはきれいだし。

こうやって、雨を楽しむ方法を、
こどもたちに思い出させてもらう6月なのです。

|

« 短歌:カイ短歌2 | Main | 雨の歌。 »

Comments

>あめはふる どうしてなのか わかんない そらでだれかが みてるよ(ヒナ)

カイくんに続いてヒナちゃん^^
わぉ~。。。すごい~すばらしいね。
子どもってどうしてこんなにやわらかいんやろう。なんか感動の武者震い、、
これからもママ&ちびちゃん二人のお歌楽しみにしています♪

Posted by: やや | June 12, 2005 at 12:55 AM

ついにヒナちゃんもデビューですね!
親子で短歌、素敵ですね^^

ヒナちゃんの短歌、素直でのびのびしてて、いいなぁ。
そらでみてるのは一体誰なんでしょうね?
白地に黒のラインと水色だけで描かれた絵も、
シンプルで、ハッとするくらい美しいです。

また、カイくんヒナちゃん(&コトちゃん?!)の短歌や絵、楽しみにしてますね☆

Posted by: yumi | June 12, 2005 at 10:28 AM

☆ややさん
さっそくコメントありがとうございます~♪
ヒナ、うきうきしてますよー。
(そしてまた、雨の絵を2枚描いてきました!)

こどもならではの、やわらかな感性をそのまま
すーっと伸ばせるように、柵とか囲いとか剪定とかしないよう
母は必死なのですが。
いつか、3人で共作とかやってみたいですねぇ。

Posted by: 小野伊都子(ややさんへ) | June 12, 2005 at 10:45 AM

☆yumiちゃん
デビュー!!そういってもらうと、すごいことみたい☆

親子で言葉のやりとりをするの、
すご~く楽しくて、いつもこどもたちの言葉を
メモしてたんだけれど、なかなかまとめる機会なかったの。
これを機に、きちんと整理して残していこうかな。

まだ言葉をたくさん知らないぶん、とてもシンプルな言葉で
でもたくさんのことを伝えようとしてるんだよね。
絵も、自分の描きたい世界をぽーんと、
なんの気負いもなく描けるから、うらやましいくらい。
さあ、次はコトがデビュー??楽しみにしててね♪

Posted by: 小野伊都子(yumiちゃんへ) | June 12, 2005 at 11:02 AM

「前衛の匂ひ」が漂ってまする。
す、すごい。
すごすぎて6歳に嫉妬しそぅ。(^ー^;)ゞ

将来きっと画に歌とか載せたりするんだろうなぁ……。
なんか勝手に十数年分ぐらいのヒナちゃんを、妄想しちゃいました。

カイくんの歌も好い感じだけど、
ヒナちゃんの歌も縛られてない言葉が素適です。
私より8年分も早く詠めるんだぁ……うらやましいなぁ。

Posted by: あづき | June 13, 2005 at 08:08 PM

☆あづきちゃん
「前衛の匂ひ」!?
すっと出てきた言葉だから、
きっとなーんの気負いも意図もないと思う。
でも、だからこそ、こどもの言葉は響くのかも。

いつも、あづきちゃんのことは話しているから
短歌を詠むことや、blog運営は憧れかも。
そのときには、あづきちゃんをお手本にするよ。
よろしくー。

>私より8年分も早く詠めるんだぁ……うらやましいなぁ。

でもね、あづきちゃんのように、しっかりと詩歌の魅力を
噛みしめてから詠むのが、本当はいいのかも。
10年後、どうなってるんでしょう??

Posted by: 小野伊都子(あづきちゃんへ) | June 16, 2005 at 06:36 AM

二人ともすっかり歌詠みさんになってきましたね♪
これから先が楽しみです☆

Posted by: kinako-cat | June 20, 2005 at 08:26 PM

☆kinakoさん
こどもなので、ノリがいいときには
こちらがびっくりするくらいに反応がよくて、
言葉が飛び出してきて、止まらないくらいです。

堅苦しく考えずに、自分の想いを
しっかり言葉で伝えられる人になってほしいと
思っている母でした。言葉の世界は楽しい♪と。

Posted by: 小野伊都子(kinako-catさんへ) | June 22, 2005 at 02:03 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27393/4510199

Listed below are links to weblogs that reference 短歌:ヒナ短歌1:

« 短歌:カイ短歌2 | Main | 雨の歌。 »