« 題詠マラソン031:盗 | Main | 題詠マラソン032:乾電池 »

October 14, 2005

秋風と涙。

200410111338.jpg

☆それぞれの旗はためかせ行くのだろう ひとりにひとつの国を目指して
(小野伊都子)

昨日は、ヒナとコトの保育園の運動会。 
ほんとうは土曜日だったのが、雨で延期になっての開催で、
お弁当持参となって、こどもたちはそれだけで、朝から大はしゃぎ。

空は、朝からみごとな秋晴れ。
この時期にしか味わえない、心地いい風も吹いている。

残念ながら、平日開催とあって、カイやダーリンは参加できず。
でも、ふたりとも出がけに、ヒナとコトに「がんばってね」と応援のことば。
母もつかまらず、ひとりで応援となったので、カメラやビデオもそっちのけ。
ひたすら、がんばるこどもたちに、声援を送ったのだった。

年長さんのヒナにとっては、今年が最後の運動会。
しかも、リレーのアンカーになって、練習のときでも、
毎回どちらが勝つのか分からない接戦だったそうだから
ものすごく、気合が入っているのが分かる。

だいじょうぶ。いっぱい練習して、今日に向かって走ってきたんだから。
クラスごとのスローガンでも、「しっぱいしても、あきらめないぞ」とあって、
こどもたちはみんな、一生懸命やることのたいせつさと、
失敗さえも楽しんでしまう大らかさを、もう知っているんだと感心する。

選手宣誓、応援合戦にも、大きな声で全力をぶつけるこどもたち。
どの顔もみんな、きらきらに輝いていて、楽しくってしかたないみたい。

赤ちゃんの頃から見ている、あの子やこの子が、
もうあんなことができるんだ!すごいねー!という感動も味わえる。
平均台を渡ったり、跳び箱を登ったりする年少さん、
大縄跳びを何回も飛んだり、跳び箱を超える年中さん。

こどもたちが、何かを乗り越えるたびに覚えた笑顔と
そこまでの道のりで泣いた顔、悔しがる顔が交差して、
観ているみんなが、何度も何度も、拍手をしている。

コトは、乳児クラスの2年目。
大好きなアンパンマンのお面をつけて、大きなすべりだいを登って、滑って、
それからマットで作ったお山を越えて……と思ったら、
ゴールで待っていた私の顔を見て、いちもくさんに、たったっと走ってきてしまった。
「こっこちゃん、もう一度!!」と、先生に呼ばれて、お山登りを終えて、再び到着!!

その後、同じお面をつけたママたちといっしょに、みんなでアンパンマンマーチを踊る。
アンパンマン&ダンスが大好きなコトは、ノリノリで、マラカスをしゃんしゃんと振り、
大きな声で歌っては踊り続けて、すこぶるごきげん!!

そのすぐ後には、ヒナのいる年長さんたちの競技がスタート。
ヒナの番になって、まずは、5段の跳び箱に向かって、ダッシュ!!
おっとっと。勢い余って、どんっと跳び箱にぶつかって、靴がひっかかる。
仕切りなおして、もう一度ダッシュ!!とんっと軽く、跳べた!!

実は、仲のいいお友だちが5段を跳べてからも、なかなかクリアできずに
でもあきらめずに、何度も何度もチャレンジして、先週やっと成功できたヒナ。
だから、すごく緊張していたけれど、本当に上手に跳べて、本人もうれしそう。

その後は、鉄棒で前回りをぐるぐるぐるぐる……と10回。
最後は、みんなで並んで縄跳びで、その場跳び、走り跳びをやって終了。
できたー!!という喜びで、みんなの顔が晴れ晴れとしている。

休憩をはさんで、マツケンサンバで踊り(またもや、コトまでノリノリ♪)、
ご近所のおじいちゃま、おばあちゃまと玉入れをしたり、保護者競技をしたり。

そして、午前の競技のラストを飾るのは、年長さんのリレー!!
赤組のヒナは、アンカーの赤いたすきをつけ、どきどきして、赤組を応援している。
私も、思わず大声で、「がんばれー」とか「いけー」って応援してた。

どちらが勝ってもおかしくない、いい勝負のまま、アンカーのヒナと
白組のしゅうちゃんまでバトンが渡って、ふたりは飛ぶように走り出した。
速い速い!!ヒナが、しゅうちゃんを抜かした!と思った瞬間、ラストの半周で
ほんのちょっとだけ、しゅうちゃんが前に出て、ヒナは2着になってしまった。

顔を真っ赤にして、泣きじゃくるヒナ。
みんなが大きな拍手をくれたけれど、悔しさに、涙が止まらなくて。
結局、お弁当を食べるまで、ずっと泣き続けてしまったヒナだけれど、
先生方はもちろん、いろんな保護者の方にも声をかけてもらった。

「すっごく、かっこよかったよ!!」
「男の子相手に、あそこまでがんばって、えらい!!」
「ひなちゃん、はやかったよ!!」

何人かの方は、「感動して、泣けちゃった」とまで言ってくれて、
ヒナの横に立って、ぎゅっと抱きしめて、励ましながら、私も泣けそうになる。

その悔し涙は、忘れちゃいけないよ。
悔しかったことをバネにして、もっともっと高いところへ跳んでいけるんだから。
勝ち負けだけじゃなくて、全力を出したこと、そのことで自分の中に、残るもの。
そんな小さなかけらを、忘れずに持っていてほしい。きらきらする、かけらたちを。

秋の風は、優しく涙を乾かしてくれて、お友だちとお弁当を食べ終わる頃には、
もうヒナには笑顔が戻り、午後の親子競技では、ヒナの組が1位になって大喜び!!
いろんな気持ちと、みんなの頑張りや優しさを体験できた、すてきな運動会だった。

ちょっと失敗しても、何度もやり直して成功したり、声援を受けて立ち直ったり。
日々の中で、見逃してしまいそうになることが、運動会にはたくさんあって。
どこまでも広がる秋の空が、いろんな場所に続いていることを思い出させてくれた。

※ちなみに、ヒナは帰宅後、近くの公園で仲良しの女の子3人と集まって、
 4時過ぎまでずっと走り回って遊んでた。このパワーの源は、友情かな??

|

« 題詠マラソン031:盗 | Main | 題詠マラソン032:乾電池 »

Comments

ヒナちゃん、惜しかったみたいですね。
でも、伊都子ママの言うとおり、
”悔しかったことをバネにして、もっともっと高いところへ跳んでいけるんだから。”
人間って、こうやって少しずつ強くたくましくなっていくんですね。
悔し涙を流すなんて、成長している証拠。
ヒナちゃんの得たものは、きっと一着になったしゅうちゃんよりも、
う~んと大きいよ!

応援合戦とかリレーとか、
盛り上がりそうなプログラムが目白押しで、
楽しそうな運動会ですね。
秋空にはためく万国旗の写真がキモチイイ!

Posted by: yukke | October 14, 2005 at 04:08 PM

うぅぅぅ~、、涙、涙で読ませていただきました。
ヒナちゃん、よくがんばったね。大きくなったね。。ヾ(^  )ナデナデ

泣くことしか出来なかったおちびがいつの間にか
笑えるようになって
お話しが出来るようになって
歩けるようになって
「あーちゃん」ってお母さんのあとばかり追っかけてたのに
いつの間にか
たくさんの仲間に囲まれている。。

わたしはそんなことに感動して、運動会、音楽会などの行事はいつも涙、涙でした(笑)
ちっちゃい手だけど
いっぱいさわっていっぱいつかんでいっぱい感じて
どんどん大きくなる。
すごいな、命って^^


Posted by: やや | October 15, 2005 at 08:43 AM

ヒナちゃんやコトちゃんの頑張り、成長ぶりと、
伊都子さんの、お母さんたちの、あったかいまなざし。
運動会って、こんなにいっぱいのドラマや気持ちが詰まってたんですね!!
とってもすてきな行事なんだなって思いました☆

>それぞれの旗はためかせ行くのだろう ひとりにひとつの国を目指して

運動場が、まるで広い広い大地のように、子供たちの目指す場所が
彼方に、見えてきそうな歌ですね。
ひとりひとりの足取りも、逞しく、のびやかで。
見守る伊都子さんの視線があったかいです。

Posted by: yumi | October 15, 2005 at 10:42 AM

人はそれぞれ、自分の国の王様で、
だから、自分の王国を、いい国にしなきゃいけない。

という風に、思っています。

ヒナちゃんやコトちゃん、
なんて素敵に成長してるんだろ!!
素晴らしい王国になりそうです。
大好きなママを見つけて、
そっちが大事になっちゃう愛や「のほほん」さ
悔しい!と思えるまでに一生懸命になれる
心の強さ
ブラボー!!

負けず嫌いって、素晴らしいことですよね。
そうじゃなきゃ、なぁんにもできないもの。
ブラボー!

Posted by: ららん♪ | October 15, 2005 at 02:51 PM

運動会、お疲れさまでした!
色々なドラマがあったのですね~
それにしても、今は「マツケンサンバ」踊るのね☆
何だか可愛らしい♪

Posted by: kinako-cat | October 15, 2005 at 05:38 PM

こんばんわ!伊都子さん。
いや〜、何だか子供達から教わるコト
純粋なキモチみたいなモノってのが
伝わってくるエントリーです。

久々に感動しました。

頑張ってるつもりでも
まだまだ頑張りが足らないような気持ちになってしまった。
明日からがんばろッ
・・・あ、明日は日曜日だった(笑)

Posted by: terry | October 15, 2005 at 10:33 PM

こんばんわ
子供は子供の生きている世界で必死に考え生きていますね
いつの間にこんなに大きくなってと・・

子供が必死でいきているとき、親はそれを見守れるゆとりを持ち合わせておかなければいけないと・・

再び考えさせられました。

Posted by: ゆこぽん | October 17, 2005 at 12:55 AM

☆yukkeさん
ありがとう~。こどもの成長って、
こうやって書き留めていかないと、あっという間。
毎日、いろんなひとやものに出会って、
いろんなことを考えて、学んでいっているこどもたち。

ヒナもコトも、こんな風にあったかく見守ってくれる方々に
たくさん恵まれて、本当にしあわせだ~って思います。

うちの園の運動会って、先生方も燃えていて
プログラムの豊富さに、いつも感心させられるんですよー。
爽やかな涙と秋風が、胸に残る記念日になりました。

Posted by: 小野伊都子(yukkeさんへ) | October 17, 2005 at 10:34 AM

小野伊都子さん、こんにちは。

書き込みは初めてかもしれません、娘、桃子の幼稚園の運動会を思い出しながら、仕事場でうるうるしそうになってしまいました。

どんどん大きくなってしまう桃子(今は5年生)の、そのときそのときをしっかり記憶に留めておきたいと、改めて強く思いました。

ヒナちゃんとコトちゃんも、どうぞ、いい子に育ちますように育ちますね!(幸)

Posted by: 天国ななお | October 17, 2005 at 10:37 AM

☆ややさん
ありがとうございます!!
人一倍負けず嫌いのヒナは、いつも上を目指していて
こちらが恥ずかしくなってしまうくらい。
こういう想いを、しっかり受け止められる母であらねば……。

本当に、たくさんの仲間に囲まれて
あんなことや、こんなこともできるようになった
こどもの姿を見るたびに、泣けちゃいます。
(私は、こっそりとうるうるしてます☆)
命って、こうやってみんなに育まれていくんですね。
周りにいるみなさんに、感謝でいっぱいです。

Posted by: 小野伊都子(ややさんへ) | October 17, 2005 at 10:38 AM

☆yumiちゃん
運動会が、こんなにドラマが詰まった行事だと
こどもを持つまでは、ちっとも気がつかなかった私です。

転んだ子がいれば、みんなで拍手して出迎えて
頑張った分だけ、みんなが声援というごほうびをくれて
きっと自分の中に、きらきら光るメダルがたくさーんできる
成長過程の記念になる行事なんだろうね。

この短歌は、去年行われたカイの地区の運動会で詠んだもの。
みんなとっても楽しそうで、未来が見えた気がして。
それぞれの国を、少しずつ作り上げていって
そこに向かって、一歩ずつ歩いていってほしいなーと思います。

Posted by: 小野伊都子(yumiちゃんへ) | October 17, 2005 at 10:46 AM

☆ららん♪ちゃん
>人はそれぞれ、自分の国の王様で、
>だから、自分の王国を、いい国にしなきゃいけない。

すごくいい言葉!!こどもたちにも、伝えます。
本当に、自分の王国を作り上げるために
少しずつでも、自分の足で歩いていかなくちゃね。

うん、のほほんと悔しさと笑顔と、
みーんないっしょにあるから、いいんだよね♪
負けず嫌いから始まること、たくさんあるから
悔しさをエネルギーと優しさに変えて、
ぴょーーんと跳んでいってほしいと思います。
母は、力の限り、応援するぞー☆

Posted by: IZU1969(ららん♪ちゃんへ) | October 17, 2005 at 10:51 AM

☆kinako-catさん
運動会って、ひとりひとりの頑張りが
まるで果実のように実った行事だなーって思いました。

マツケンサンバは、もうみんなノリノリで♪
ちゃんと、羽根代わりのかぶりもの作って、
頭につけて踊ったんですよ~。
マツケンのことも、だーいすきなこどもたち。
おかげで、時代劇に出てくる男性はみんな、
コトにとって“マツケン”なのです☆

Posted by: IZU1969(kinako-catさんへ) | October 17, 2005 at 10:55 AM

☆terry
今回の運動会では、こどもたちの純粋さに
私も改めて頑張らねば!!と思ったよー。

terryは、イチローみたいに
陰で頑張って、なんでもないように
いろんなことできちゃうタイプかな??
今日は月曜日。terryらしく、ファイトです☆

Posted by: 小野伊都子(terry)へ | October 17, 2005 at 10:57 AM

☆ゆこぽんさん
本当に、こどもの世界には
まっすぐな気持ちがあって、それだけに
その強さに、いつもはっとさせられますね。

心のゆとりって、大切ですね。
ついつい後回しにしてしまいがちなこと、
もっとゆとりを持って、楽しんで受け止めようと
普段の自分の言動、反省しました。

Posted by: IZU1969(ゆこぽんさんへ) | October 17, 2005 at 11:00 AM

☆天国ななおさん
こんにちは。はじめまして!!といっても、
こっそり何度もお邪魔しているので
コメント頂いて、すっごく光栄です☆

桃子ちゃんの運動会、
きっとななおさんの温かいまなざしの中で
ずっと輝く瞬間となっているのでしょうね。
こどもの成長は、振り返ると本当に一瞬で、
だからこそ、形に残しておきたいですよねー。

ヒナとコトへのエール、ありがとうございます!!
こんなお父さんなら、桃子ちゃんもきっとすてきな女の子ですね♪

Posted by: 小野伊都子(天国ななおさんへ) | October 17, 2005 at 11:17 AM

>陰で頑張って、なんでもないように
>いろんなことできちゃうタイプかな??
だとイイんだけどな〜。
不器用でなかなか物事をすんなりと終わらせる事ができません(笑)
影でコソコソするのだけは絶対にしないけどね。
それだけは胸を張って言えるかな〜。

Posted by: terry | October 17, 2005 at 10:37 PM

☆terry
>影でコソコソするのだけは絶対にしないけどね。
>それだけは胸を張って言えるかな〜。

うん、それはよく分かる!!
terryはいつもまっすぐで、誰よりも正直で。
そういうのって、すてきだよ~♪

ただ、努力した跡を見せびらかさないのも
terryかなーと思ったの。男らしいよね。

Posted by: 小野伊都子(terry)へ | October 18, 2005 at 10:16 AM

先日はどうもでした(といってもかなりすぎてますが・・・)
14日の短歌よみました。
ん~ ママなんですね、なんか感動してしまいました。 今後も 素敵な短歌を期待してます。
 * メールアドレスは izu1969jp@ybb.ne.jp
   ですか?

Posted by: なかしま | October 19, 2005 at 12:05 AM

☆なかしまさん
読んでくれて、ありがとう~。
そう、もうしっかりママなんですよ。
なんか久々に再会した人たちには、
びっくりされるんだけど☆

アドレス、合ってますよ~。
またメールでお話しますしょう。

Posted by: 小野伊都子(なかしまさんへ) | October 20, 2005 at 02:46 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27393/6393497

Listed below are links to weblogs that reference 秋風と涙。:

« 題詠マラソン031:盗 | Main | 題詠マラソン032:乾電池 »