« December 2005 | Main | February 2006 »

January 31, 2006

ケータイ短歌:冬

☆こんなにも冷たいよって手を伸ばしあなたの熱を上げるいじわる(小野伊都子)

NHKラジオの「土曜の夜はケータイ短歌」で、
漫画家の蛭子能収さんに選んでいただきました。

「あれ、俺だけなんか、みんなと選び方ずれてる?」
というコメントと共に!!

蛭子さん、思った以上に可愛い方ですね。
加藤千恵ちゃんには、「もっとエロティックな歌かと思った」と
コメントをもらったのですが、そしてそれも計算して詠んだのですが、
「36歳なのに、こんなことやってしまうというところがねー」と
蛭子さんに言われて、ちょっと恥ずかしくなってしまいました。

でも、素直にうれしかったです。ありがとうございます。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

スプーンひとさじ。

365日のスプーン
おーなり 由子著
大和書房 (2005.12)
通常24時間以内に発送します。

きのう、久しぶりに本屋さんに寄った。

本屋さんでの出逢いはいつも、恋みたいで
その瞬間に、はっとひとめぼれしていたり、
何度も手にとって見ているうちに、手放せなくなったり。

こうして、きのうも、私は恋に落ちた。

大好きな、おーなり由子さんの『365日のスプーン』

最初は、帯が上に上がっていて、著者名が見えなかったのに、
なぜかとても惹かれて、ぱらぱらっとページをめくってみた。

そうしたら、「○月◎日」という日付と共に、
ドロップみたいなことばが、心の中にころんと入ってきた。

たとえば、今日。

「1月31日
 
 ずっと迷っていることの
 決心をする。

 自分の奥から聞えてくる声に
 勇気を持って したがう。   」

やさしく、なつかしい色のことばを
心の中で転がしているうちに、溶け出してくる魔法。

それは、きすきすした薄荷のような気持ちも、
とろとろしたバターのような迷いも、みんな変えていく。

メリー・ポピンズが、スプーンひとさじの魔法で
苦い薬を、おいしく変えてしまったように、
こんな小さなひとさじで、毎日はすてきになる。

きのうも、きょうも、あしたも。
どんな色に塗るのかは、自分で決められる。

そう教えてくれたこの本と共に、今日もスプーンを手に取ろう。
スプーンひとさじのことばを、味わおう。だいすきなひとたちと、いっしょに。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 27, 2006

37のうた。

200601222022.jpg

昨日は、私の誕生日。
家族。ともだち。お世話になっている方々。
たくさんの人々に支えられて、いつもいろいろなものをもらって、
ここまで辿り着けたことに、心から感謝!!
いつもありがとう。そして、これからもよろしく。

もう37歳?まだ37歳?それは気持ちの持ち方ひとつで、
私の周りにいる年を重ねるたびにすてきになっていく女性たちを目指して、
もっともっと、自分を磨いていきたいな~と、改めて思う。

200601271327.jpg

妹のちこが休日ということで、Afternoon Teaのおいしいパンを持って、
お祝いがてら駆けつけてくれて、こどもたちも大喜び。
↑可愛い観葉植物を、プレゼントしてくれた。ありがとう。
ちこも、1週間前に誕生日を迎えたばかり。Happy Birthday!!

200601271325.jpg

この日、ダーリンは仕事で夜遅くなることが分かっていたので、
家族みんなでのお祝いは、この間の日曜日にやってもらった。

↑これが、ダーリンからのプレゼント第1弾&第2弾。
ずーっと欲しかったホームベーカリーと、ミルミキサー。
おかげで、今週は毎朝、焼き立てパンと手づくりバナナジュースで
爽やかな朝食を楽しむことができていて、本当にうれしい。

200601271326.jpg

そして、第3弾のトースター。これも、毎朝、大活躍♪
第4弾は、たこ焼き器。土曜日に、もうたこ焼きパーティーやったけど、
すっごく楽しかったー。今度は、ともだちを招いて、いろんな味を作ろう。
その横には、第5弾のハンドミキサー。
ケーキ作りの時なんかに、大活躍してくれそうで、楽しみ。

200601271335.jpg

そして、さらにうれしかったのが、カイとヒナが自分たちで計画を立てて、
私にカードを書いてくれたり、プレゼントを用意してくれたりしたこと。
これが、みんなからもらったカード。なんと、コトも「おかあさん」の絵を描いてくれた。

200601271333.jpg

カードを開けると、ダーリンやこどもたちのまっすぐな言葉が並んでいて、
ほんとうにあったかい気持ちになる。みんな、ありがとう。

200601221951.jpg

ケーキは、カイとヒナが二人だけで不二家に買いにいってくれたもの。
誕生日のプレートの名前と、ロウソクをもらい忘れるハプニングもあったけれど、
なにより、こどもたちが自分たちで買ってきてくれたことがうれしくて。
チョコバナナケーキ、すっごくおいしかったよ。スイートピーの花束も、ありがとう。

プレゼントに、「お母さんの好きな色」と青いマッキーと、
「お仕事で使えるから」と修正ペンを文房具屋さんで買ってきてくれたカイとヒナ。
あまりにうれしくて、使うことができそうにないくらい。机の上に、大切にとってある。

ダーリンからは、プレゼント第6弾として、
江原啓之さんの『スピリチュアル幸運百科』という本までもらってしまった。
さらに、地元FM局で「いつまでも可愛い人でいてほしいな」とメッセージと共に
YUKIちゃんの『メランコリニスタ』という曲もプレゼントしてくれた。感激!!

こんな家族に囲まれて、もう十分にしあわせだよ。
そう心でつぶやきながら、もっとみんなのために
しあわせを育てようと思った、37の夜。

自らの塔立ててみる誕生日 エッフェル塔に負けないように

| | Comments (12) | TrackBack (0)

January 23, 2006

豆腐屋ジョニー?

今日は、とんでもなく風が冷たい!!
もともとは、雪の予報が出ていたから??

あまりの風の強さに、団地のうちの棟まで辿り着くのに、
息ができなくて、横を向いて少しずつ歩かなくちゃならなかったほど。

こんな日には、ジョニーはどうしているのかな。
お正月休みにイオンで見つけて、笑いが止まらなかった
『風に吹かれて豆腐屋ジョニー』という、お豆腐を思い出した。

200601151313.jpg


ジョニーって……。
そして、その横には、『男前豆腐』……。

三和豆友食品、やるなあ。
しかも、サウンドトラックまでCD発売してるし。
さらにさらに、男前グッズも、充実してるし。

試しに一度、テーマ曲を聴いてみて、びっくり。
ほんと……男前、だった。今度は、豆腐もちゃんと食べよう。

| | Comments (6) | TrackBack (0)

January 20, 2006

戌年グッズ:紅茶編

200601200749.jpg

戌年にちなんだもの。
お正月に、岡崎のイオンにて発見した
LUPICIAのお年賀ラベル缶&干支袋。

ふくよかなわんこの顔が、たまらなく可愛くて
しかも、セール価格になっていたので、即購入。

でも、中身は「5534 ジングルベル」っていう
クリスマス仕様の紅茶だったりするんだけど、これがおいしい。
オレンジピールやオレンジフラワーが入っていて、ヨーグルトの香りも。
濃い目に淹れたミルクティーにすると、目覚めもすっきり。

で、このLUPICIAが、またすごい紅茶をブレンドしてくれた。
その名も「8518 黒蜜きなこ」!!!!!
きなこ大好きな私には、たまらない紅茶!!

ぜひぜひ、絶品の芳光のわらびもちといっしょに、
この紅茶を堪能したいな~なんて、企てているところ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 18, 2006

短歌:松尾スズキ氏4

☆ポワレとかムニエルとかじゃ似合わない 刺身のままのあなたでいてね(小野伊都子)

枡野浩一さんのかんたん短歌blogに投稿。

| | Comments (4) | TrackBack (0)

短歌:松尾スズキ氏3

☆鞄にはボンタンアメが入ってる 松尾スズキの終わらない旅(小野伊都子)

枡野浩一さんのかんたん短歌blogに投稿。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

短歌:松尾スズキ氏2

☆大人にはなれない だから楽しんで世界をおもちゃにして遊んでる(小野伊都子)

枡野浩一さんのかんたん短歌blogに投稿。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

短歌:松尾スズキ氏1

☆凡人が血眼になって探してるアイデンティティを捨てまくるひと(小野伊都子)

枡野浩一さんのかんたん短歌blogに投稿。

☆凡人が血眼になって探してるアイデンティティを刺身で出すひと

から、改作。

刺身……という感じがしたので。出し惜しみしていないというか。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 16, 2006

リサとガスパール。

200601111305.jpg

今年は、戌年。

ということで、実は去年から使っている、
大好きなリサとガスパールの携帯ストラップを。

+++++++++++++++++++++++++++++++++++

しかし!!リサもガスパールも、実は「犬」じゃありませんでした。
もともとは、絵を描いているゲオルグ・ハレンスレーベンが
妻で文章を書いているアン・グットマンに、クリスマス・プレゼントとして贈った
赤い手帳に描かれた「犬でもウサギでもカンガルーでもない不思議な動物」
ふたりで絵本をつくるときのキャラクター、リサになったとか。

教えてくれたららん♪ちゃん、ありがとう~。

「その方が物語が自由に書けるから」とアンが語っているように、
リサとガスパールはいつも、自由に毎日を楽しんでいて、すてき。

+++++++++++++++++++++++++++++++++++

これは、去年どこかのデパートでやっていた
『リサとガスパール展』にて、母が買ってきてくれたもの。

この白いほうが、リサで、いっしょにいるのが、リサの妹。
『リサのいもうと』で、お姉ちゃんになる複雑な、でもうれしい気持ちが
とっても可愛く描かれていて、もうすぐ弟が生まれてくる
我が家のこどもたちに、プレゼントしようかと思っている。


リサのいもうと
アン・グットマンぶん / ゲオルグ・ハレンスレーベンえ / 石津 ちひろやく
ブロンズ新社 (2001.11)
通常2-3日以内に発送します。


その他のおはなしも、とっても可愛いリサとガスパールの絵本シリーズ。
日本では「リサ・ガス」なんて言われてるけど、実は原題では、「Gasperd et Lisa」。

ガスパールこいぬをかう
アン・グットマンぶん / ゲオルグ・ハレンスレーベンえ / 石津 ちひろやく
ブロンズ新社 (2002.11)
通常24時間以内に発送します。

リサとそっくりで、まっくろなガスパールのおはなし。
おばあちゃんから、ずっと欲しかったこいぬをもらったガスパール。
可愛いけど、お世話するとたいへんなこともたくさん!!
さて、こいぬはどうなったか、それは絵本を読んでのお楽しみ。


リサとガスパールのはくぶつかん
アン・グットマンぶん / ゲオルグ・ハレンスレーベンえ / 石津 ちひろやく
ブロンズ新社 (2001.11)
通常24時間以内に発送します。

学校のクラスで博物館に行ったリサとガスパール。
そこには、珍しいものがたくさんあって、びっくり。
そしてふたりは、いたずらを思いつく。
ようし、展示物のふりをしちゃえ!!
さあ、ふたりのいたずらは成功するのかな?

おうちにあるものどんなもの
アン・グットマン著 / ゲオルグ・ハレンスレーベン著
ブロンズ新社 (2001.5)
通常24時間以内に発送します。

おうちにあるもの どんなもの?
バスルーム、リビング、キッチン……。
リサとガスパールといっしょに、
いろんなものを見ながら物の名前を覚えられる楽しい絵本。

こんな風に、リサとガスパールの絵本を読んでいくと、
こどもって好奇心に満ちていて、ほんとうに可能性のかたまりで、
たくさんのことを教えてくれる、手強い存在なんだって、改めて思う。

手強いこどもたちに負けないように、
しっかりと感性を磨き、柔軟性を持たなくてはと、戌年の新たな誓い。

| | Comments (10) | TrackBack (2)

January 12, 2006

お餅パーティー!?

200601111654.jpg

↑は、我が家の鏡餅さんたち。
可愛い招き猫ちゃんや獅子舞くんが載っていて、
ヒナやコトが「かわいい~♪」とスーパーで離さなかった子たち。

きのうは、鏡開きということで、たくさんお餅メニューを作った。

1.おぜんざい
甘党の私とカイは、やっぱりこれ!!小豆の甘みがたまらない。
でも、ヒナとコトは、保育園のおやつが「お汁粉(白玉団子入り)」だったため、
「たくさん食べたから、もういい~」とのこと。そっか、お代わりしたのね。

2.磯辺餅
餅網で、じっくりと焼いたお餅を、海苔でくるんと巻いて、お醤油でぱくっ。
ヒナはこれがいちばん好きで、たくさーん食べた。コトも、ゆっくり味わってた。
ダーリンは「砂糖醤油じゃなきゃだめ!!」と言っている。

3.揚げ餅
これは、ダーリンのおふくろの味。私の実家ではやらなかったけど、
お餅をちっちゃく切って、高温で揚げて、お塩&お砂糖をまぶして食べるもの。
あられみたいな感じで食べやすいので、揚げても揚げても、あっという間になくなっちゃう。

4.きな粉餅
これも、私の大好物。焼いたお餅をお湯にくぐらせて、きな粉をまぶして食べると、
なんともいえない風味が広がって、ついついお代わりしたくなっちゃう。
あ、そういえば年末には、ダーリンと「きなこもちチロルチョコ」にはまって、
珍しく箱買いなんてしてたから、ちょっと「きな粉中毒」?になってるのかも。

とあるアンケートでは、人気のお餅メニューの順位は

1位 お雑煮  2位 磯辺餅  3位 きな粉餅

となっていて、お雑煮が1位だったことが、ちょっと意外だった。
やっぱり、地方によって食べ方が違うからかな?

それ以降の順位には、ぜんざい、あんころ餅、大根おろしなんかも。
私は食べたことないけど、納豆をかけたりもするらしい。試してみようかな?

あとお餅メニューで好きなのは、焼き餅にチーズを載せて、海苔で巻くとか、
お餅ピザとか、バター醤油で食べるとかいうのがあるかな。
鍋やうどん、お粥に入れてもおいしいー♪

そんなこんなで、しばらくはお餅パーティーみたいな日々が続きそう。
まだ、切り餅が1袋残ってるし。まずは、週末のお餅ピザからかな。

でも、調子に載って食べてたら、恐ろしいことになりそう。
だって、お餅1個=白米1膳のカロリー!!!気をつけなくちゃ。

ちなみに、鏡餅の上に載っていた猫ちゃんや獅子舞くん、橙は
ヒナとコトがおままごとに使うことに。縁起物だから、たいせつにしてね☆

| | Comments (2) | TrackBack (0)

January 06, 2006

遅ればせながら、新年のご挨拶。

あけまして おめでとうございます。

もう三が日も過ぎてしまいましたが、
遅ればせながら、新年のご挨拶を。

昨年末は、慣れない雪に苦労したり、
新しい仕事(小論文の添削)に追われたりで
なかなかパソコンを開く時間が取れず、
年越しのご挨拶もしないままに、お正月休みに突入。

そして、1日に母と弟、妹と父のお墓参りの後、新年会。
2~4日は、ダーリンの実家に2泊して、のんびり過ごしてたので、
こちらも、みなさんのところも覗けず、失礼してしまいました。

ちなみに、初詣は3日に、ダーリンの実家のすぐ横の八幡宮へ。
こちらは、ダーリンの幼少の頃の遊び場にもなっていた、親しみ深い場所。
家族全員でお参りした後、ダーリンの交通安全のお守りを頂き、
みんなでどきどきしながら、恒例のおみくじをひいてみました。

私の結果は、これ↓

200601052055.jpg

なんと、めでたく大吉でした!!そして、ダーリンも。
今年はなんだか、いいことがありそうな予感♪

「心おごらず 謙虚に世に 処することが 肝要である」
という言葉を忘れずに、よい年を過ごせるようにしたいと思います。
何事も、感謝の気持ちがたいせつということですね。

こどもみくじをひいたカイは、小吉。
ヒナは、大吉。コトは、中吉でした。

その後、ダーリンの小学校時代からの友人が禰宜さんの
地元でも有名な八幡宮を訪れ、お参りした後、
ご挨拶がてら、お守りや破魔矢を手に入れました。

破魔矢は、特別に昔ながらの竹でつくられたもので、
しめ縄も、今ではめったにないような、手づくりの特注品。
「勝運 招福 守護」のお札と干支の戌をあしらったもの。

お値段も、五千円とすごいけれど、うちの招き猫ちゃんに負けない
パワーをもらえそうなので、いっしょにリビングに置いてみました。

200601052044.jpg

みなさんにも、どうかよいことがたくさーんありますように☆

昨年は、ほんとうにいろいろな方と出逢ったり、再会したり、
うっとりしたり、感動したり、刺激を受けたり、笑顔をもらえたりと
たくさんの贈りものを頂いた年で、しあわせでした。ありがとうございました。

題詠マラソンを完走できたのも、テノヒラタンカでグランプリを頂けたのも、
みんなみんな、いろんな形で支えてくださったみなさんのおかげです。

今年もどうぞ、よろしくお願いします!!

また、ゆっくりとみなさんのところにお邪魔しますね。

| | Comments (14) | TrackBack (1)

January 05, 2006

短歌:付け句「よい一年でありますように」2

☆もうひとり家族が増える予定です よい一年でありますように(小野伊都子)

枡野浩一さんのかんたん短歌blogに投稿。

これは、実話です。
というのも、この春、また家族が増えます。

今まで、ちゃんとご報告をしてませんでしたが、
なんとなんと、4人目のこどもがお腹にいます!!

しかも、予定日は3月3日!!
なのに、男の子(たぶん)!!

自分たちでも、嘘みたいなのですが、
2月18日の弟の結婚式の後、
ヒナの卒園式&入学式の前には
我が家は6人家族になってしまいます。

ということで、9月いっぱいで前の仕事を退職させてもらい、
今の仕事を細々とやりつつ、出産を控えているわけなのです。

保育園でも、初の4人目?友だちに、4人こどもがいる子はいるけれど、
彼女の場合は、3回目の妊娠で双子だったので、微妙に違うかも。

いいことを連れてきてくれるはずの、春生まれの我が子を想像しつつ
「よい一年でありますように」と願ってみました。恥ずかしながら。

| | Comments (6) | TrackBack (0)

短歌:付け句「よい一年でありますように」1

☆卵には黄身がふたつも入ってた よい一年でありますように(小野伊都子)

枡野浩一さんのかんたん短歌blogに投稿。

ものすごーく遅くなってしまいましたが、
枡野さん、かんたん短歌blogに参加されているみなさん、
今年もどうぞよろしくお願いします。

なんとか、楽しみながら投稿できたらいいなと思っています。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

『あるきかたがただしくない』希望!!

ココログ2周年、おめでとうございます。

思えば、枡野さんの「かんたん短歌blog」に投稿したい
という一心で、自分もココログでblogをスタートさせた私です。

blogやトラックバックの意味も分からないまま、
とりあえず短歌を詠み、なんとか投稿し続けることができたのは、
枡野さんのおかげです。本当にありがとうございます。

このblogが縁で、いろんな方と知り合うことができて、
短歌ともだちもたくさんできました。これも、枡野さんのおかげです。

これからも、「くよくよ」しながら続けてくださいねー。
最近では寝る前に、携帯で更新をチェックしてしまうほど、
枡野さんのblogが楽しみなのですから。

『あるきかたがただしくない』のサイン本、希望です。
年末に仕事が忙しく、まだ手に入れていないのですが、
こどものマイコプラズマ肺炎で通ったクリニックの待合室で、
何冊もの『週間朝日』を手に取り、連載を読ませてもらっていました。

ちょうど、「かんたん短歌blog」のことが出てきた記事が出ていて、
ちょっと誇らしい気分で、読んでいたことを覚えています。
ぜひぜひ、読んで書評を投稿したいと思ってるので、当たりますように。

枡野さん、ココログのみなさん、これからもどうぞよろしくお願いします。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« December 2005 | Main | February 2006 »