« June 2007 | Main | September 2007 »

August 24, 2007

005:しあわせ(小野伊都子)

たぶんそう よけいなことが起こるからしあわせだってわかるんだろう

| | Comments (2) | TrackBack (0)

004:限(小野伊都子)

限りあるいのち 限りある時間だと知りながら戦うぼくら

| | Comments (0) | TrackBack (0)

003:屋根(小野伊都子)

読みかけの本の三角屋根の上 てんとう虫がとまる 5月だ

| | Comments (0) | TrackBack (0)

002:晴(小野伊都子)

晴れているだけでは虹は見えなくて涙のあとでキスをしたんだ

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 23, 2007

短歌:ドラマ4

☆フレンズが終わったように私たち夏の電車で席を立つから

(小野伊都子)

携帯から短歌・テノヒラタンカ

の2006年7月のテーマ、「ドラマ」に投稿した歌です。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

短歌:ドラマ3

☆昼メロのテーマソングを鼻歌でうたえるくらい今はしあわせ

(小野伊都子)

携帯から短歌・テノヒラタンカ

の2006年7月のテーマ、「ドラマ」に投稿した歌です。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

短歌:ドラマ2

☆いくらでも続編ができる恋だった 最終回は突然決まった

(小野伊都子)

携帯から短歌・テノヒラタンカ

の2006年7月のテーマ、「ドラマ」に投稿した歌です。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

短歌:ドラマ1

☆PKで決まったような恋だった 青空だけがドラマみたいで

(小野伊都子)

携帯から短歌・テノヒラタンカ

2006年7月のテーマ、「ドラマ」に投稿した歌です。

事務局の方に選んでいただきました。ありがとうございます。

テノタン賞は、はせがわゆづちゃん。

ストレートなのに、じわじわと余韻が残ってゆく歌で

くせになる。乙女短歌の達人らしくて、すてき。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

短歌:薬4

☆恋人の言葉は甘くシロップの薬みたいに飲みすぎている

(小野伊都子)

携帯から短歌・テノヒラタンカの2006年6月のテーマ、

「薬」に投稿した歌です。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

短歌:薬3

☆治しかた知っているのにそばにいてほしくて薬飲まない悪い子

(小野伊都子)

携帯から短歌・テノヒラタンカの2006年6月のテーマ、

「薬」に投稿した歌です。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

短歌:薬2

☆クレヨンで描けない色の錠剤をばらまいてみる シーツの海に

(小野伊都子)

携帯から短歌・テノヒラタンカの2006年6月のテーマ、

「薬」に投稿した作品です。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

短歌:薬1

☆指先で押し出して飲む丸い粒 さよならだってこうして言える

(小野伊都子)

携帯から短歌・テノヒラタンカの2006年6月のテーマ、

「薬」に投稿した作品です。

天道なおさんに選んでいただきました。ありがとうございます。

テノタン賞は、樫子麻里さん。

いつもそうだけど、樫子さんの歌は心の裏側を

深くすくわれてしまうので、すっごく好きです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 17, 2007

すずしいごはん。

P1000176   

暑くて暑くて、たまらない日々。

8月の猛暑日には、

少しでも涼しくなれるメニューを。

P1000177thumb_2 ということで、サラダごはん。

バージンオリーブオイルと

ハーブスパイス数種、

ほぐし鮭をまぶして、マヨネーズも少々。

冷蔵庫できんきんに冷やして、枝豆を飾る。

そして、ハムステーキのポテトサンド。

ポテトは頂き物で、ヴィシソワーズにしようかと思ったけど

母からもらった柿安のハムではさんで、カフェみたいに。

添えたのは、人参とじゃがいもを細切りを

かつおだし、かつお節で和えた和風のサラダ。

どれもさっぱりしてて、食欲のないこどもたちもぱくぱく。

P1000175

昼間には、こどもたちと

約束していた

アイスクリームづくり。

といっても、冷凍ラズベリーと冷凍バナナに

生クリームとヨーグルト、はちみつを加えて、

ミキサーで混ぜて、冷凍庫で冷やしただけ。

でも、みんなでつくると、おいしくて冷たくて。

ハルも口の周りを真っ赤にしておかわり。

クーラーのない我が家。

みんなで暑いと言いながら、2台の扇風機を分け合い、

こんな風にごはんやおやつを食べていたことも、

いつかいい夏の思い出になるのかもしれない。

さて、今日は何をつくろう。

なすとひき肉のカレー?

それとも、冷やし茶漬け?

みんなのごちそうさまが聞きたくて、

また今日もラジオを聴きながら、汗だくで台所に立つ。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

August 14, 2007

ぽかぽか。

できることを。で紹介したHOPE OF THE EARTH Vol.2

8月5日日曜日。照りつける太陽がまぶしい午後に、

私も4人のこどもたちと共に、ほんの少しだけ参加した。

大須の中にぽっかり空いた空間で、

切り取られた青空をバックにして集まった人々は

みんなきらきらしていて、エネルギーにあふれていて。

ここから、何かがはじまるという静かな力に満ちていた。

到着したときには、うたは休憩中だったので、

バザーを覗き、そこで可愛い手作りの

バッグやポストカードなどを購入。

しばらくして、みんなでうたをうたいはじめる。

ギター、ジャンベ(太鼓)、タンバリン、カスタネットなどのわずかな楽器と

マイクを通さない、みんなの生の声だけが路地に響く。

最初は、驚いたように遠巻きに見つめていた人たち。

でも、うたっているうちに、ひとり、ふたりと足を止めて、

募金をしに来てくれる人々が増えていく。

パパとママにもらったあったかい気持ちを握りしめた、ちいさな手。

ゴシックロリータ・ファッションに身を包んだ女の子の、真剣なまなざし。

手をつないだ恋人たちの、照れくさそうなほほえみ。

そんなあったかい気持ちに包まれながら、

ENDLESS LIVEをうたっていたら

こちらのほうが元気を、勇気をもらったような。

ヒナとコトは、家に帰ってからも

このうたを大きな声で口ずさんでいたくらい。

おかげさまで、2日間で10万円を超える募金が集まり、

少しでも新潟の被災者の方のお役に立てたら……という

みんなの気持ちが、しっかり実ったことに感激している。

みなさん、ありがとうございました。

現地の方には、また手紙なども送りたいと思っているので、

そのときに参加したいという方は、ぜひ!!

そして、私は今回の活動に先立って、

ひとつの詩を書きあげた。

それは、前回の新潟中越地震のときに書いた

「あるひ ここから」の続編ともいえるかもしれないもの。

「あるひ とつぜん」を小冊子にして、送りたい。

少しでも、小さな光でも、どうかどうか、届きますように。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

あるひ とつぜん

P1000168

                                                                                   

                                                                         

あるひ とつぜん

あるひ とつぜん 

いなくなってしまった 

たいせつなひと

うしなってしまったもの 

こわれてしまった まいにち

 

こころに あながあいたようで 

たいせつな だれかや なにかを 

おもいだすたびに 

ふりだす あめに ふるえてしまう 

なみだが でそうになる

 

いちにち いっしゅうかん

いっかげつ いちねん 

ときが すぎても 

その あなは うまることはない

けれど 

いつからか そこに 

おひさまの ひかりが とどき 

くさが はえ 

ことりが あそびにくる

はなも さくように なる

あなは かわらずに 

そこに あるけれど 

もう あめで 

ぬれてばかり じゃない

そこに さくのは 

だいすきな あのひとの 

えがお ことば ぬくもり 

たいせつな あのばしょの 

おもいで つながり なつかしさ

こわれてしまった 

まいにちの ねっこが 

しっかりと そだっていく 

つよく やさしい 

いのちの たねが まかれる

すこしずつ あるいてみよう 

あなを のぞいて

かぜを みかたにして

たくさんの てが ことばが

まっているから

きぼう という

つぼみが ふくらんで 

みらい という

はなが さくように

こころのふたばを 

そだてよう 

そらを めざして 

のびていくように

たくさんの 

ちょうちょや みつばちが 

ゆきかう 

いちめんの 

おはなばたけに 

なるように

とおくから 

ちかくから 

あなたの ために 

いのっている ひとが 

いることを 

わすれないで

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 02, 2007

できることを。

友人、SWDさんの呼びかけで、
この週末、8月4日(土)・5日(日)に
名古屋の大須商店街にて、
HOPE OF THE EARTHという活動が行われます。

これは、7月16日の新潟県中越沖地震で
被災された方々のために、何かをしたいという気持ちで
集まった人々が、歌いながら募金を呼びかけるものです。

この活動を支えるのは、前回の新潟中越地震で
被災した方々を応援したいとつくられ、
みんなで歌ったうた、「ENDLESS LIVE」

3年前の新潟の震災で、立ち上がったこの活動が
再び襲った災害に遭ってしまった方たちのために
今また、新たに動き出そうとしています。

みんなで歌いながら募金を呼びかける他にも、
持ち寄った物でバザーも開き、売上げも義援金に回します。

できることを、できるかたちで届けたい。
それぞれの思いを伝えて、応援したい。


そんな「ほんの少しの力」を、分けてください。

参加者は少しずつ増えていますが、
当日に活動してくれる方が、まだまだ必要です。

ほんの10分でも、1時間でもかまいません。

本、雑貨、手作りのものなど、バザーに出してくれるだけでも
いっしょに歌って、募金を呼びかけてくれるだけでも
募金を送る際に、手紙やメッセージを添えてくれるだけでも
どんな活動でも、参加することができます。

こどもたちの体調次第ですが、
私もできるだけ参加したいと思っています。

お近くのみなさん、大須夏祭りを楽しみがてら
いっしょに活動してみませんか。

遠くのみなさん、もしよかったらコミュニティに参加して
手紙やメッセージだけでも、届けてみませんか。

できることを、できるかたちで届けましょう。
どうぞ、よろしくお願いします。

詳しくは、HOPE OF THE EARTHのHP

mixi内のコミュニティ「HOPE OF THE EARTH Vol.2」へ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« June 2007 | Main | September 2007 »