« October 2007 | Main | December 2007 »

November 30, 2007

11月の扉

いろいろなことがあった11月も、今日で最後。

11月には、ちょっと特別な想いがあるのだけれど

それを綴る前に、どうしても紹介したい本がある。

それは、絵本作家でもあり、児童文学家の

高楼方子さんの長編小説「十一月の扉」

年の初めでも、まんなかでも、終わりでもない

11月という季節を、特別に変えてくれる。

そんな魔法に満ちた一冊。

実は、この本を手に入れたのは去年の11月。

けれど読めないままに時が過ぎて

「これは11月に読まなくては」と1年後の今月、

ようやく読むことができたとういいわくつきだ。

14歳の爽子が、ふとしたことから家族と離れて

すてきな洋館「十一月荘」で過ごすクリスマスまでの日々は、

きんと澄んだ冬のはじまりの空気と共に

たくさんのことを思い出させ、そして教えてくれる。

知らない場所に飛びこむ潔さや不安。

家族以外の人との会話やぬくもり。

温かい紅茶や、他愛のないおしゃべり。

白いノートを埋めていく楽しさ。

だんだん募っていく恋心。

仲良しのともだちとずれていく感じ。

偶然という名の魔法。

扉を開けて、前へ進むこと。

そのどれもが、痛くなるくらいに純粋で

でも苦しくない柔らかさに満ちている。

だから、ページを閉じた後も、

物語の中にいるような気分になる。

11月には、扉を開け。

この言葉だけでも、十分に魔法だ。

この11月に開けた扉の向こうにあった出来事は

また追い追い書いていこう。

ドードーの絵のついたノートを埋めていった爽子のように。

今しか書けないことが、たくさんあるから。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

November 01, 2007

ハロウィン2007

去年はやたらと盛り上がった我が家のハロウィン。

さて、今年もやろうといろいろ用意したけれど、

仕事や行事の都合で、なかなか飾りつけができない。

P1000288 それでも、黒板にヒナが絵を描き

帰ってきたらお菓子をつくる約束。

楽しくなりますように☆

保育園にお迎えに向かう途中、

カイの同級生の女の子5~6人が

魔女やおばけの可愛い仮装で楽しそうに駆けていく。

どうやら、ともだちの家でハロウィン・パーティーらしい。

P1000290 お迎えから帰るとすぐに、

お菓子づくりの準備。

ヒナは絵を描いて飾る。

「ハロウィンて何?≪おばけ≫→≪かぼちゃ≫→≪とか≫」だって。

なんじゃ、そりゃあ。おもしろかわいい。

P1000287 かぼちゃタルトがいいと言うヒナ。

でも、時間的にかぼちゃチーズケーキに。

ケーキを焼く間に、かぼちゃクッキーの生地づくり。

冷蔵庫で生地を冷やして、その間にかぼちゃコロッケの用意。

目の回るような忙しさだけれど、楽しいね。

チーズケーキはミキサーでつくったので、

ぐるぐる回す作業は、コトも参加して。

ヒナは台にするビスケット生地を根気よくつくる。

P1000289

かぼちゃそっくりにするのが

けっこう難しかったクッキー。

かぼちゃの種がポイント♪

P1000286 ディナーは、十二穀ごはんと

かぼちゃ&海老コロッケ、

ピーマンとベーコンのチーズオムレツ。

デザートは、甘さ控えめのかぼちゃチーズケーキ。

みんな、しっかりと完食。ごちそうさまでした。

今年もできなかった仮装、来年こそは!

| | Comments (2) | TrackBack (1)

タイムオーバー

3月3日に参加表明をしてから、

ゆるりと走ってきた題詠blog2007

100のお題を100の短歌にして、

トラックバックしていくイベントで

短歌の友人も多数参加している。

今年は、もう無理かもしれないと思いながら

仕事やこどもの行事の合間を縫って

少しずつ、ノートを埋めていったのだけれど。

お題によっては、脳みそが悲鳴をあげる。

想像力が、くたくたになる。

でも、楽しんで苦しんで、詠み続ける。

ハイになる。灰にもなる?

締切は10月31日23時59分。

ハロウィンと重なったこともあって、

ほんのちょっとの差で、時間内の完走はできなかった。

でも、3日間で50首以上を集中して詠むという

短歌合宿のような時間は、手の中にある。

(脳みそのふくらはぎは、筋肉痛だけど)

何より、たくさんの短歌をじっくりと読むことができる

贅沢な時間が残されている。

今度こそ、余裕でゴールできるように

また来年も、懲りずに参加しよう。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

100:終(小野伊都子)

終点は始点にもなる バスはまた新しいもの乗せては走る

| | Comments (0) | TrackBack (0)

099:茶(小野伊都子)

秋の日の紅茶は底に誘惑を沈めて香る 森へいきましょう

| | Comments (0) | TrackBack (0)

098:ベッド(小野伊都子)

ベッドにはくまの絵本を入れておく さみしいきみが泣かないために

| | Comments (0) | TrackBack (0)

097:話(小野伊都子)

お守りのように握った携帯が人肌になる 電話ください

| | Comments (0) | TrackBack (0)

096:模様(小野伊都子)

その傘は水玉模様だったので雨をよろこぶ子になりました

| | Comments (0) | TrackBack (0)

095:裏(小野伊都子)

裏ガーゼハンカチみたいな手触りではじまった恋だから優しい

| | Comments (0) | TrackBack (0)

094:社会(小野伊都子)

いつまでもグレース・ケリーのふりをして「上流社会」を踊るおばあさん

| | Comments (0) | TrackBack (0)

093:祝(小野伊都子)

祝われる側にいながら祝うような錯覚がある結婚式は

| | Comments (0) | TrackBack (0)

092:ホテル(小野伊都子)

雨の日のホテルのロビー けんけんぱ 進む観光客のおはじき

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« October 2007 | Main | December 2007 »