« 001:笑(小野伊都子) | Main | 月とミント »

May 20, 2009

フェリシモ文学賞。

20090512132128

ある日

私の手元に

届いた封書。

それはとても、突然で。

「品名・荷姿」を見て、驚く。

20090513184003

入っていたのは、

一冊のすてきな装丁の本。

「ゆれる」という本。

それは、応募していた

フェリシモ文学賞の入賞作品集。

第12回になるこの文学賞への投稿は

もう、3回目になる。

今回のお題は「ゆれる」。

なかなか書きだせずに、

半ばあきらめかけていたのだけれど

締切の9月30日になって

ふつふつと湧いてくるものがあって

必死で形にしていった。

「もう間に合わないかも」と

弱気になっていた私を励ましたのは、ヒナ。

当時小学3年生だった長女に

「えー、だいじょうぶだよ。がんばって!」

なんて諭されて、必死に直して印刷。

そして、封筒に宛名を書き、切手を貼って

ヒナに自転車でポストまで投函してもらった。

帰ってきたヒナにお礼を言いながら、

書ききることができた。出すことができた。

そんな達成感でいっぱいだったことを覚えている。

*  *  *  *  *  *  *  *

年明けに連絡がなかったので

入賞はあきらめていた。

なのに、思いがけず連絡があって

作品集に掲載してもらうことに。

 20090513184104_2            

こんなすてきなイラストを

添えてもらって

自分の書いたものが、本に載っている。

とてもとても不思議で、くすぐったい。

20090513184158

原稿用紙5枚分の

その小説のタイトルは

「赤い電車は歌い出す」。

私自身が大学時代に通学で毎日乗っていた

赤い名鉄電車のことを思い出しながら書いた。

そして、くるりの赤い電車へのオマージュも。

大賞、優秀賞の方はもちろん、

ぎゅっと日々の思いがこめられた小説たちは

とてもまぶしくて、深いものばかり。

「ゆれる」というお題に合わせて

揺れる女心や、故郷への思い、UFO襲来まで

様々に描かれた世界が、30も集まっている。

そのひとつに加えてもらえたことで

「ゆれる」気持ちが、逆におさまっているのに気づく。

こんな風に、書くことでしあわせになれたのも

応援してくれたこどもたちや夫、

そして、たくさんのひとたちのおかげ。

これでまたしばらく、書き続けていけそうです。

*  *  *  *  *  *  *  *

発売は、6月の予定です。

もし本屋さんで見かけたら、

ぱらぱら覗いてやってくださいね。

|

« 001:笑(小野伊都子) | Main | 月とミント »

Comments

おめでと〜\(^o^)/
高校・・・いや、中学の時から、小説書くのが好きだったものね(^-^)
素敵な本に載せてもらってすごい♪
これからも、気負わずに素敵な文章を作り上げて行ってね(^o^)

Posted by: わかば | May 20, 2009 at 07:55 PM

cloverわかば
ありがとう~confident
そうそう、高校…いや中学の時からだもんね。
いちばんよく知っているのは、わかばだねhappy01

本当にすてきな本で、うれしいよ♪
うん、マイペースに書いていくねー☆

Posted by: 小野伊都子(わかばへ) | May 21, 2009 at 11:34 AM

おめでとうございます☆

ヒナちゃんのサポートで達成出来たっていうお話にも
じーんとしちゃいました。

素敵な本ですね〜販売もされるんですね!
30のゆれる想いを、読ませていただきたいです♪

ぜひこれからも、書き続けてくださいね。

Posted by: yumi | May 23, 2009 at 09:59 PM

受賞おめでとうございます!
すごいですね。
私なんて最後に表彰状をもらったのは
中学校の読書感想文だったかな・・・。
さすが伊都子さん、多才ですねー。
主婦業も子育ても自分磨きも手を抜かない
伊都子さん、見習いたいです。
お子さんの応援が
そのパワーの源なのでしょうか。
6月の発売楽しみにしてますね!

Posted by: yukke | May 24, 2009 at 09:33 AM

おめでとうございます!!!!!
すてきな本ですね!
フェリシモ文学賞のことはちょっとチェックしたことがあったので、更に驚きです☆私は小説は書けないので、出せないのですが。

6月ですか~!
絶対本屋さんでチェックしますね♪

ところで、伊都子さんは名古屋ですか?
今度7月に出張でちょっと立ち寄ることになりそうです。入社4ヶ月目でもう出張付き添い行けるなんてラッキーです。しかも初名古屋☆
会社の名古屋支店の方に、駅前のチャオに行って太いナポリタンを食べなさいとアドバイスされました。w
やっぱりご存知ですか?

Posted by: 安藤えいみ | May 24, 2009 at 07:02 PM

cloveryumiちゃん
ありがとう~☆

ヒナのサポートなしでは、
きっとあきらめてたと思うから
感謝の気持ちでいっぱいです。

イラストが随所に入っていて
とてもすてきな装丁でしょう?
他の方の作品がまた、じんときたり
笑ってしまったりと様々で楽しめるよ。

短歌とは別の広がりがある小説の世界。
これからも、書き続けていけたらいいなあ♪

Posted by: 小野伊都子(yumiちゃんへ) | June 01, 2009 at 01:01 PM

cloveryukkeさん
ありがとうございます!
いえいえ、今回のは入賞したわけではなく
大賞、優秀作の方たちと共に
作品集に載せてもらったというだけなんです。

しかも、主婦業も子育ても、手は抜きまくりbearing
いつもyukkeさんのこと、尊敬してます☆

でも、家族のサポートがなければ
確かに書くことを続けられなかったかも。
改めて、感謝しなくちゃいけませんねー。

Posted by: 小野伊都子(yukkeさんへ) | June 01, 2009 at 01:11 PM

cloverえいみさん
ありがとうございます!!!!!
こんなすてきな本に載せてもらえて
とてもしあわせですー♪

えいみさんなら、イラスト&小説も
きっとすごいものができそう~☆
いつか、こっそりと?挑戦してくださいね。

本屋さんに自分の小説が載った本が並ぶなんて
ちょっと不思議でどきどきします。
そういえば以前、「野生時代」で
えいみさんの恋愛575を見つけて感動でした!
遅ればせながら、おめでとうございます!!!!!

名古屋に出張予定なのですね~。
生粋の名古屋人なので、もちろん分かりますよ♪
チャオは、あんかけスパで有名で
確かソースも売っていたんじゃないかな。
麺の太さとスパイシーさが売りです。

みんながおいしいというのは「ひつまぶし」「天むす」で
かなり評判がいいのは「味噌カツ」、「きしめん」「手羽先」
そして好き嫌いが分かれるのが「味噌煮込みうどん」かなー。
話題のドアラグッズも、よかったらチェックしてね~☆

Posted by: 小野伊都子(えいみさんへ) | June 01, 2009 at 01:31 PM

すごいでする!!!!!
おくれちゃったですが、入賞おめでとぅござぃまする!
ヒナちゃんに感謝ナリ(^_-)☆

じつゎ小説家さんでもあったんですね(*^_^*)
私は小説(みたいなもの^^;)は最後まで書けたことがないでする。
「書ききることのできた達成感」って言葉、魅力的ナリ(^O^)

小説、楽しみに読ませてもらいまする♪o(^-^)o

Posted by: あづき | June 22, 2009 at 11:12 PM

cloverあづきちゃん
ありがとう~!!
本当に、ヒナには感謝でいっぱい☆
娘に後押ししてもらうなんて、
しあわせものです。

小説は、ずっと前に書いていたものの
なかなか形にすることができなくて
いつも挫折してばかりだったんだよー。
でも、こういう形でえいって書くことができて
その短歌とは違う魅力を再発見♪
少しずつまた、書いていこうかと思案中です。

うれしいお言葉、ありがとう。
穂村さんの『短歌の友人』に載っていた
あづきちゃんの短歌にどきどきしてたこと、
思い出しました。
すてきなどきどき、ありがとう。

Posted by: 小野伊都子(あづきちゃんへ) | June 23, 2009 at 11:57 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27393/45054943

Listed below are links to weblogs that reference フェリシモ文学賞。:

« 001:笑(小野伊都子) | Main | 月とミント »