« 実る。 | Main | 短歌:自由1 »

January 07, 2010

幸運のひときれ。

20100101145349

雲間からこぼれる光

心にも百葉箱を

つくっておいた

2010年になって、もう七日目。

毎年のことながら、ご挨拶が遅れましたが

今年もどうぞ、よろしくお願いします。

喪中だったため、年賀状も書かず

おせち料理も作らないまま

過ぎて行った年末ですが

30日には、妹の旦那様のご実家にて

お餅つきをさせてもらいました。

20100101150138 お兄ちゃんとぺったんぺったん。

すごくうれしそうなハル。

カイは、筋がいいと言われご満悦。

コトもヒナもおおはりきりでお餅をつき

できたお餅を丸めて、きなこやあずきをまぶして

20091231071224 その後は、広い畑で

無農薬の手作り野菜を採らせてもらい

おいしいごちそうも頂き、心も体もほっこり。

大みそかには、ヒナが紅白を最後まで見て、

ついに年越しまで起きていました。

20100101145516_2 やわらかいままでありつつ

すくと立つブーツでありたい

睦月の私

迎えた新年は、雪の中。

街がしんとして、静かな静かなはじまりでした。

いつも考えている今年の一字。

去年の「磨」は、なかなか実行できなかったので

今年は、磨きをかけて輝けるように「輝」にしてみました。

みんなで輝く笑顔で過ごせるように。

内面からの輝きを放てるように。

きらりと輝く一瞬を、短歌や小説に残せるように。

20100107111835

ほんとうのことを書くので

手帳には

日記以上の私がいます

そして、元旦の手帳にはこんな言葉を。

言葉に縛られることなく、自然な流れのままに

ほっこりする気持ちを持って、歩いていきたいものです。

20100107112256 幸運のひときれ選ぶ

目に見えない

この王冠をきみにあげたい

そして、今年初めて家族で

Galette des Rois(ガレット・デ・ロワ)という

フランスの伝統行事を真似してみました。

お気に入りのパン屋さんMAISON KAYSERにて

手に入れたパイ生地のこのケーキは、

フランスの新年の定番の味。

20100107112245

このフェーブと呼ばれる

チャームが入ったひときれを食べた人が

その日一日、王様もしくは王妃様になれるそう。

みんなでワクワクして切り分けたケーキを選び、

結局、王妃様になったのは、ヒナ。

いいことがある一年になるといいね。

思えば、毎日の中にも

こんなちょっとした幸運のひときれはあるけれど

すぐに忘れてしまったり、気付けなかったりするような。

そんな幸運のひときれを、今年は輝かせていきたいです。

みなさまの毎日にも、たくさんの

幸運のひときれがある一年でありますように。

|

« 実る。 | Main | 短歌:自由1 »

Comments

私の一字は、「励」でしょか。あづきです。
今年もよろしくお願いしますです。m(_ _;)m

地元は、ぜんざいみたいなお雑煮です。
「あずき雑煮」って言いまする。
今年も“共食い”でした(T▽T)

Galette des Roisって初めて知ったです。
ご家族の様子を読んでて、
小野さんの書かれた赤い電車のお話の続きを見るよぅでした。
主人公の女の子なら、こんな家族かなぁ、みたいな。

ついしん:
「笹短歌」で小野さんが詠まれた歌、
どれも叙情性があって好ぃなぁと思いました。

ひだまりのピアノの音でほどかれる 私の胸の小石いくつか

↑これ好きです。
思わぬところで、心はほどかれてしまうナリ。

Posted by: あづき | January 09, 2010 at 12:52 AM

遅ればせながら、あけましておめでとうございます。

家族のイベントを大切になさる
伊都子さんのお母さんぶり、
いつもながら感心いたします。
私も年々適当にしがちな
誕生日や結婚記念日など、
大切な記念日を家族で大切に祝えるよう
がんばらなくちゃと思います。

今年も幸運の一切れをさがして
日々丁寧に暮らしたいと思います。
幸せな一年になりますように。

Posted by: yukke | January 09, 2010 at 04:39 PM

cloverあづきちゃん
今年も、どうぞよろしくね☆

「励」の一字はきっとたくさんの実りをもたらすよ。
あづきちゃんの「励む日々」に
私も身が引き締まる思いです。

「あずき雑煮」!!一度、試してみたいなあ~。
あずき大好きな私やカイには、よだれものです。


Galette des Rois、楽しかったよ♪
実は私は小学生の頃から、お菓子作りの本で
この風習を知って、憧れていました。
だから、よけいにわくわくして。

ひょっとして、小説を読んでくれたのかな?
とってもうれしいです。
「赤い電車…」の女の子のその後も、
ちょっと自分で気になったりしました。
また書いてみようかなー。

笹短歌の歌も、見ていてくれてありがとう!
「石」というイメージに縛られてたとき、
ふっと何かがほどけるように生まれた歌です。
届いて、とてもうれしいな。
あづきちゃんの投稿も、楽しみにしてます。

Posted by: 小野伊都子(あづきちゃんへ) | January 12, 2010 at 11:03 AM

cloveryukkeさん
今年もよろしくお願いします♪

うちの場合、もう上の二人が
休日には友達と遊びに行っちゃうので
こういうイベントの時くらいしか
みんなで盛り上がれないんですよねー。
これからも、口実を作っては
にぎやかにやっていこうと思います。

yukkeさんのお家のように
ゆるりとした空気に憧れているのに
いつもばたばた過ぎていく一年。

ちいさなかけらでも、輝くことを忘れずに
アンテナを張って、のんびりいきたいものです。
お互い、楽しみましょうねー☆

Posted by: 小野伊都子(yukkeさんへ) | January 12, 2010 at 11:07 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27393/47227182

Listed below are links to weblogs that reference 幸運のひときれ。:

« 実る。 | Main | 短歌:自由1 »