« ひふみよ | Main | パン・セ。 »

June 21, 2010

みそらの星と虹の橋/父の日に。

20100621112758

いつだって空を読んでた父さんの

天気予報は正確だった

おとといのどしゃ降りの後で見つけた

大きな大きな、虹。

どこかへ届くような橋にうれしくなった。

虹の国と言われている南アフリカでは

4年に一度のサッカーの祭典が開かれている。

その夜、日本代表は2010ワールドカップ2戦目。

オランダ戦は惜しくも負けてしまったけれど

また次の闘いのために、橋をかけていってほしい。

そういえば、日本代表のワールドカップ初出場が決まったとき、

父が亡くなった直後だったことを思い出した。

出場決定に喜んだあとで、ふと

「お父さんはこのことを知らないんだな」と思ったっけ。

20100621112544

父さんがひとりで聞いて笑ってた

落語がちょっと気になってきた

昨日は、父の日。

夫は私をお墓参りに連れて行ってくれた。

あんぱんとキャラメル、おせんべい、ビールを供えて

願い事ではなく、たくさんの伝言をしてきた。

詩や短歌が好きだった父。

与謝野晶子を情熱的でよいと言っていた父。

思えば、百人一首を教えてもらったことも、

詩集を貸してもらったこともみんな

ことばに携わっていたいという私の

深くて長い根っこの部分になっている。

空の花を星と言い、地上の星を花と言うという室生犀星の詩も、

山や緑や小さな生き物を愛する気持ちも、みんな。

ありがとうって、何度言えたかなって今になって思う。

だから、夫の父には手紙でありがとうを添えて

シャツとショートパンツを贈った。

20100621113639

父親の顔して歩くきみがいて

なぜか泣きたくなって困った

我が家のこどもたちも、父の日のために

何日も前からこそこそ、ないしょばなし。

母の日に作ってくれたカレーのように、

自分たちだけで夕ごはんを作る計画みたい。

いそいそとじゃがいもの皮を剥くカイ。

ゴーグルをして玉ねぎを切るヒナ。

サラダの味付けをするコト。

そして、おもてなし係としてじゃれるハル。

20100621113629

ゴーグルを はめて たまねぎ きっている

きょうは わたしが ぼくが シェフです

できあがったのは、鶏肉、じゃがいも、玉ねぎ、しめじ入りと

たっぷりボリュームのある、でも低カロリーの豆乳グラタン。

ツナと人参の入ったマカロニサラダ。玉ねぎのコンソメスープ。

どれも心がこもっていて、とてもおいしくて。

「ありがとね」と、照れながらも夫もうれしそう。

20100621134538

20100621142157 

「お父さんの名前は?」と聞かれ堂々と

「小野おとーさん」と答える2歳

カイとヒナは、手作りのペン立てとおつまみ。

コトは時計入れとおつまみ。

ハルは、コトに縫ってもらったコースターに

お父さんの絵を描いたものをプレゼント。

どれも可愛くて、夫もふにゃふにゃの笑顔に。

ありがとうの気持ち、伝わってよかったね。

|

« ひふみよ | Main | パン・セ。 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27393/48686597

Listed below are links to weblogs that reference みそらの星と虹の橋/父の日に。:

« ひふみよ | Main | パン・セ。 »