« Bonissimo! | Main | みそらの星と虹の橋/父の日に。 »

June 14, 2010

ひふみよ

20100420153521

終わることのないオルゴール巻き続け

『LIFE』優しい声を聴いてる

この記事で書いていたように

小沢健二が、小沢くんが戻ってきた。

中2の長男カイがお腹の中にいたとき以来の

LIVEから13年ぶりのLIVEということになる。

あの13年前の夜は、私の中でずっと揺るがない

大きな星のような時間として刻みこまれていた。

でも、小沢くんはしばらくすると

自分で歌っているように遠くへ旅に出てしまって

私たちは手を振る間もなく、その便りを待ち続けて

そしてその間に、何度も何度も繰り返し

残された歌を聴き続けるしかない日々がきて。

20100531115052

もちろん、その間にたくさんの

新しい音楽も聴いたし

新しい本も読んだし

新しい映画も観たし

新しい友だちとも出逢ったし

何より、あと3人もこどもが生まれたし

そんないろいろなことがあったのに

ふと無性に聴きたくなる、小沢くんの声。音。

あれは何だろう。何だったんだろう。

懐かしさとはまた違うような

自分の中に深く流れている水みたいなもの。

20100528141004

今回のツアーのことを知ったとき

うれしい!と手放しで喜ぶと同時に

どうしようと思う自分もいて、落ち着かなくて。

それはたぶん、あの何年も変わらなかった星が

違う色や光になってしまったらどうしようという

不安がどこかにあったからかもしれない。

チケットだって、いくつかの手段を駆使したのに

取れなくて、悲しくて悲しくて

でも少しほっとしていたのは、

その不安が消えなかったから。

それでもやっぱり、譲ってもらえることになって

やっぱり飛びあがって喜んで、泣きそうで。

そして迎えた当日も、本当に落ち着かなくて

あまりのドキドキに少し気持ちが悪くなるくらい。

でも、入場を待つ人たちの長い長い列に並んで

深呼吸をしているうちに、わかった。

ここにいなくちゃ。ここにいることが大切だって。

まるで、ドロップが缶から転がり落ちるように。

20100528140905

でもまだ、開演するまでは信じられない自分もいて

ひょっとしたら、小沢くんは出てこないんじゃないかなんて

どこかで置き去りにされた犬みたいに考えてみたりもして。

だから、ようやく始まったときのあの衝撃は

もうとてつもなく大きくて、熱くて

涙とか、くしゃくしゃの笑いとか

いろんなものが混じって止まらなくて

そのとき私は、きっと困った顔をしていたと思う。

そしてその夜、私は13年間も揺るがなかった星の

その位置をまた確かめただけじゃなくて

改めてその輝きやそこから生まれる世界を観ることができた。

その世界の中で、いっしょに歌い、踊り、笑うだけじゃなくて

手を伸ばしてくれた小沢くんとツアーメンバーのみなさんは

夢だけじゃ終わらない種をたくさん蒔いて

きらきらする時間を私たちにくれた。

20100128094618

受け取った花火は深く焼きついて

ひいふうみいよ また数えてる

20100608144559

暗闇にあなたの声が届くから

停電の夜みたいな奇跡

20100421135209

それは長い手紙のような歌だった

何度も心で繰り返す夜

本当にここに来てよかった。

夫とこどもたちも、連れてきたかった。

この時間をたいせつなひとたちと共有したかった。

そんなことを、何度も何度も思っていた時間だった。

そのおかげで、一週間も経つというのに

私の中にはまだまだ、あの夜の音が、声が、言葉が

ずっとずっとループして流れ続けている。

私の奥深くに流れる水に、新しい水が加わって

さらに大きな川になっていった夜。

この流れは、私なりにどこかに辿り着かせなくては。

そんなことを今、ずっと考えている。

20081101174130

揺るがない北極星を確かめる

小沢健二がまたループする

|

« Bonissimo! | Main | みそらの星と虹の橋/父の日に。 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27393/48593510

Listed below are links to weblogs that reference ひふみよ:

« Bonissimo! | Main | みそらの星と虹の橋/父の日に。 »