« August 2010 | Main | October 2010 »

September 21, 2010

短歌:電話

20100713154442

何事もなかったように虹は消え

きみへの電話をかけそびれてる(小野伊都子)

笹公人さんの笹短歌ドットコムに投稿しています。

ご報告が遅れてしまいましたが

「電話」というお題で投稿した中から、

↑の短歌を、なんと特選に選んでいただきました。

4年前から投稿させてもらっていますが

佳作どまりだったので、最高にうれしかったです!

電話のお題で考えていたとき、

メールではなくて電話で伝えたいことを想像していて

虹が出ていることを電話で知らせて、

いっしょに見るという光景が浮かび、それをアレンジ。

いっしょに見たいと思って虹を見ているうちに虹は消えて

虹を口実にしてかけるはずだった電話がかけられない。

そんなシーンを思い浮かべたものになりました。

投稿されるみなさんの素晴らしい短歌が毎回たくさん読めて、

笹師範のコメントもいただけて、とても勉強になる場です。

これからも、よい歌を詠んで投稿していきたいと思います!

他にも、4首投稿したので、記録のために残しておきます。

受話器からこぼれる祖母の訛りから咲く彼岸花 耳に根付いて

※「耳に根付いて」は、いらないです。
  「咲く彼岸花」までの内容で十分いい歌になります。

   と笹師範にコメントいただいたので、

  受話器からこぼれる祖母の訛りからぽつりぽつりと咲く彼岸花

   と改作しました。

10円を入れてください 今もまだあのアパートに続く電話機

床下に小人をずっと住まわせるように続けたひみつの電話

雨音を聞かせる電話サービスでプエルトリコの夕立ちを買う

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 13, 2010

名古屋の中心で短歌を叫ぶ。

20100910132001

大名古屋ビルヂングにあるヂの音を

響かせ蝉は鳴き続けてる

なかなか終わらない夏に追われて遅くなりましたが、

名古屋短歌コンテストのレポートです。

当日は、午前中に子供会の球技大会の練習に

役員として参加していて、朝から汗だくでした。

ドッジボールにさわるのなんて、何年ぶり?

練習終了が11時。そこで大急ぎで娘ふたりと帰宅して

あわてて着替えて、長男と長女に留守番を頼み

夫の運転する車で次女、次男と栄に向かう。

お昼は時間がなくて車中でメゾンカイザーのサンドイッチ。

ベジタリアンサンドにパワーをもらい、どきどきしてテレビ塔へ。

名短の紫のTシャツを着たスタッフの方に申し出て、控室へ。

あれ?夫に預かってもらうはずの次男も付いてきたけど。

テレビ塔に登るのも、何年ぶり?こどものとき以来かも。

控室に入ると、短歌のおともだち・あきえもんさんと娘さんがみえて

ちょとほっとするものの、たくさんの出場者の方に緊張。

20100910131132

名古屋のヒーロー「超天ダガヤー」も登場!

頭は金鯱、肩はエビフライ、胸はコアラの顔、

ベルトがナゴヤドーム、そしてマントがきしめん(!)という

ローカルヒーローは、審査員のひとり。

しばらくして、天野慶さんとご家族がみえ、

司会のふかわりょうさんがみえ、さらに緊張。

私は6番目にステージに上がり、司会のふかわさんとご挨拶。

思えばふかわさんはNHKラジオで放送されていた

「土曜の夜はケータイ短歌」のパソナリティーだった方。

私の歌にも何度かコメントを寄せてくれていたので

勝手に親近感を持っていて、感激してました。

「名古屋生まれの名古屋育ち」と伝えると

「名古屋の好きなところは?」と聞かれて

「どーんとかまえているところと、テレビ塔」と回答。

この時点で足が震えていることに気付くけれど

軽やかなふかわさんの進行に促されて

大名古屋ビルヂング短歌を名古屋の中心で叫びました。

すると、短歌について客席の方にレポートすると言われ

あの歌人であり作家の加藤千恵さんがレポート!!

なんて可愛いひとなんだと、しばし見とれたりして。

客席にはたくさんのひとに混じって母やこどもたち、

短歌のおともだち・ふゆこさんもみえていて

可憐なのにいつもパワフルな天野慶さんに

コメントいただけてうれしかったです。

しかも、天野さん、脇川飛鳥さんといっしょに

短歌ユニット「テノヒラタンカ」で活躍されている

天道なおさんに声をかけていただくミラクルも!

20100913010909

そしてなんと、この歌で優秀賞をいただきました。

矢場とんの箸袋に一年間掲載していただけるのです。

矢場とんの味噌カツはその昔、ナゴヤ球場で

亡き父に買ってもらった思い出の味。

近いうちに、ぜひ食べに行って箸袋をGETします。

20100913013659

そしてイベント終了後、天野さんには『ウタノタネ』

サインと直筆の短歌も寄せていただきました。

さらに私と次男に短歌トレーディングカードまで

もらってしまい、しあわせでした。ありがとうございます!

20100913013708

実は前日の夜中に、私もはじめて短歌名刺をつくり

自分の短歌など貼ってはんこを押してみたのでした。

ネットでお名前を拝見していた何人かの方には

この名刺をお渡しでき、また名刺を交換していただき

さらに短歌でつながる喜びを感じることができました。

イベントを企画して下さったみなさん、

天野慶さん、ふかわりょうさん、加藤千恵さん、

出場者のみなさんなどに感謝の気持ちでいっぱいです。

来年もこんな短歌イベントが名古屋で盛り上がりますように。

金鯱のようにふたりでいつまでも名古屋の空を見ていましょうね

ベランダで眺める今日のテレビ塔 あたしの声は届いてますか

矢場とんで味噌カツ食べて笑えるかどうかで決まる彼との相性

いいかげんなのに人気がある彼はきっとドアラとおんなじ種類

きょうりゅうと打てばすぐさま強竜と変換される名古屋携帯

大名古屋ビルヂングにあるヂの音を響かせ蝉は鳴き続けてる

| | Comments (8) | TrackBack (0)

September 03, 2010

名古屋短歌コンテストに出ます!

20100721130006

ベランダで眺める今日のテレビ塔

あたしの声は届いてますか(小野伊都子)

来る9月5日日曜日。

名古屋栄のテレビ塔下・タワースクエアにて

名古屋短歌コンテストが開催されます。

これは、名古屋青年会議所60周年を記念した

「名短」という名古屋発の短歌プロジェクトのひとつ。

なんと私が、そのコンテストに出場することになりました!!

名古屋生まれ名古屋育ちの私は、

名古屋+短歌という愛するふたつのものに反応して

いくつか名古屋短歌を名短に投稿していたのですが、

まさかコンテストに出ることになるとは!!

司会は「土曜の夜はケータイ短歌」でお世話になっていた

あのふかわりょうさんということで、とても楽しみ!

そして、審査員として「テノヒラタンカ」でお世話になっている

歌人の天野慶さんもみえるので、うれしくて。

さらに、まだ画面の上でしかお話したことのない

短歌なお友だちが、全国から駆けつけるそうで、わくわく。

コンテストは、13:00~15:30まで開催です。

投稿された短歌のパネル展示や

オリジナル短歌をキーホルダーにしてくれるコーナーもあり、

11:30~12:30までは、天野慶さんと短歌カードを交換できる

短歌トレーディングカード大会まで、あるんですよー。

とにかく盛りだくさんで、楽しいこと間違いなし!!

ちなみに、優秀賞に選ばれると「矢場とん」の箸袋に

短歌を1ヶ月掲載してもらえるそうです。みそかつ、大好き。

お時間がある方、興味がある方、みなさん揃って

9月5日の午後は、テレビ塔の下に集合!!

| | Comments (2) | TrackBack (0)

« August 2010 | Main | October 2010 »