« January 2013 | Main

January 23, 2014

楽に。楽しむ。

一月はあたしの中でもういちど
暖炉に薪をくべてはじめる

2014年を迎えて、もう20日あまり。
おととし以上に盛りだくさんで
あっという間に過ぎていった2013年。

1月に、子ども会の会長となることが決まり
2月には、くじびきでPTA校外委員のブロック長になり
未知の世界に飛びこむ勇気や
多くのひとをまとめ上げる力を問われてはじまり、
テーマだった「進」の文字を体感した
それはそれは忙しい1年でした。

Img_1555

蝶々の軽やかさにてひらひらと
飛びこえていく書類の山も

子ども会では、以前に書記を体験していたものの
会長という大役はもちろんはじめて。
しかも、前年度よりもひとり少ない3人という役員数で
たくさんの行事をこなさなくてはならず、プレッシャーも。

何よりもまず、提出する書類の山に埋もれそうになりつつ
新一年生を迎える会からウォークラリー、ラジオ体操、
夏祭り、球技大会、運動会、秋祭り、クリスマス会と
どんどん行事をこなしていく日々でした。

Img_2200

青空はクリームソーダ
ふつふつと浮かぶ言葉を飲みこんでいく

どうしても人手が足りず、保護者の方にお手伝いを頼んだり
子ども会の一員である次女コト、次男ハルはもちろん
夫や長男カイ、長女ヒナにも助けてもらって
役員で力を合わせてここまで進めてこられたことに
本当に感謝でいっぱい。

Img_1884

Img_2701

気づけば、次の年度の役員さんもすんなりと決まり
あとわずかで会長としてのお仕事もおしまい。
けれどまだ、ボーリング大会やドッジボール区大会、
卒業記念の会や引継ぎなど、やることもたくさん。
息切れしないように、ゆるりと進んでいけますように。

Img_1985
ソファからはじまる小さな物語

すくって編めばすべて愛しい

そして、PTA校外ブロック長という役割もまた
思っていた以上にやることが多く
多くの人と連絡を取り、調整をする日々で。

旗当番の日程を決めたり、パトロールをしたり
活動は多岐に渡っていて驚くばかり。

でも、こどもたちが笑顔で学校に通えるように
今までこんな風に支えてくれていたひとがいたことに
気づけたことも、いい経験になりました。

Img_1627

まだ熱いコピー二百部
生まれたてのこどものように抱えて急ぐ

そして職場でも、4月から違う部署へと異動して
まったく違う仕事をすることに。

前の部署を去る日、
いっしょに働いていたみなさんが
花束やお菓子、そしてうれしいメッセージを贈ってくれて
うれしくてうれしくて、思わず涙が。

もらった温かな気持ちをたいせつに
新しい仕事に打ちこみ、そこでも周りの方に恵まれて
ますます充実した毎日となっています。

Photo

一瞬で変わる世界もきみたちも
風にタクトを振らせてみれば


そんな駆け足の日々の中でも
なんとか短歌は詠み続けていて
『未来』への詠草も、細々と継続できているのは
笹師範をはじめ、選歌欄「抒情の奇妙な冒険」で
ごいっしょしているみなさんのおかげ。

さらに、縁あって歌人・永井陽子さんの短歌大賞で
中部日本歌人会賞をいただいたことも励みに。

今年も、暮らしの中から生まれるものを
自分なりの三十一文字にこめていきたいものです。

Img_1813

今日という日も贈り物
この空を見られることもまたしあわせで


そして、恒例となった今年の一字は「楽」という字に。
「育」→「実」→「輝」→「届」→「広」→「進」→「」と
育み、実ったものを輝かせて届け、広げ、進んでいった次には
楽しむことをたいせつにしていきたいと思いました。

何事も、楽しんで。
すいすい、楽々と。

楽器を弾くように。
みんなを楽しくさせて。

あらたな楽園をつくり
むつかしいことも、楽勝で。

楽天家に磨きをかけて。
気楽に暮らして。

音楽のように
すてきな音をを鳴らし続ける
そんな毎日を過ごしていきたいもの。

走り抜けた日々は
懐かしむ間もなくまだ続いていて
この春までは、動き続けていきます。

けれどもそこに、
楽しむ気持ちがあれば
たおやかに笑顔で歩いていけるはず。
今年の干支である、馬のように。

やさしい眼差しですべてを見つめながら、
軽やかに走っていくことを目指して。

みなさんの一年もまた、
楽しいことであふれていますように。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« January 2013 | Main