October 31, 2008

完走報告(小野伊都子)

題詠blog2008、今年は無事に走り切ることができました。

「初恋に落ちてから、それが実るまで」

という、かなり無謀なテーマを設けたものの、

とにかくスタートが遅く、途中で何度も立ち止まったり

横道にそれながらも、なんとか走り直す日々でした。

最後は、シューズが途中で脱げているのに

無理やりに走っているような感覚で、タンカーズ・ハイ。

これも、前を走ってくれたみなさんの歌から

励ましや刺激をもらうことができたからです。

みなさん、ありがとうございました。

鑑賞も改めてさせていただきます。

また機会があったら、参加させてください。

| | Comments (6) | TrackBack (1)

October 30, 2008

100:おやすみ(小野伊都子)

粉雪の優しい速度できみが言うおやすみ 100個数えたら朝

| | Comments (2) | TrackBack (0)

099:勇(小野伊都子)

好きという気持ちがあるというだけで世界でいちばん勇敢になる

| | Comments (0) | TrackBack (0)

098:地下(小野伊都子)

地下街の白い灯りも温かく思えるきみの右手ひとつで

| | Comments (0) | TrackBack (0)

097:訴(小野伊都子)

甘すぎる訴えだから却下して反対のこと口走るけど

| | Comments (0) | TrackBack (0)

096:複(小野伊都子)

重ねてる鼓動がトレモロ奏でたら複弦楽器になるあたしたち

| | Comments (0) | TrackBack (0)

095:しっぽ(小野伊都子)

降りてくる夜のしっぽをつかまえにマフラー巻いて迎えにきてね

| | Comments (0) | TrackBack (0)

094:沈黙(小野伊都子)

沈黙は金ではなくてピンクです あと一週間でクリスマスです

| | Comments (0) | TrackBack (0)

093:周(小野伊都子)

ゆっくりと歩き始める冬の日に一周遅れの恋あたためる

| | Comments (0) | TrackBack (0)

092:生い立ち(小野伊都子)

書き直す生い立ちの記にはっきりときみの名前も残しておこう

| | Comments (0) | TrackBack (0)

より以前の記事一覧