October 21, 2010

短歌:虫

20101013151301

蝶々の羽ばたく先に空がありまたきみのことばかりを思う

(小野伊都子)

笹公人さんの笹短歌ドットコムに投稿しています。

今回は、「虫」というお題でした。

昔から、蝶々が好きで、よく短歌にも詠んでいますが

今回はまだ片想いの恋のゆくえを虫に託してみました。

20101013151245

マーロウという台風が近付いて樹液の海に蝉と隠れる

蝶々の羽ばたく先に空がありまたきみのことばかりを思う

ひなたにはゆっくり歩むダンゴ虫 あとひとことが言い出せなくて*佳作*

イチモンジセセリのように落ち着かず返信を待つ夜は鈍色(にびいろ)

5首投稿した中から、この4首を選んでいただきました。

一首目のマーロウという台風は、てっきりあの

フィリップ・マーロウからかと思いきや、違いました。

台風といえば、アメリカで人名をつけるのが知られていますが

10年前から、北西太平洋・南シナ海で発生した台風は

アジア諸国の台風委員会で作った一覧表から順番につけるとか。

台風9号「マーロウ」は、マカオの言葉で「瑪瑙」という意味で

この一覧表では105番目の名前でした。

他にも、日本語の「トカゲ」や「コンパス」など

いろいろな国の花の名や人の名前がつけられています。

それがおもしろくて、短歌に詠みこんでみました。

20100910130108

4首目のイチモンジセセリは、これ↑

ハルの保育園のかばんにとまっていた子です

落ち着きなく飛びまわる様子をもらいました。

ちなみに、このページのいちばん上の写真の子は

セセリチョウの中でも、チャバネセセリ。

白い模様が一文字ではなく、半円なのです

20101013151030

昔から、蝶々を育てたり、蜘蛛を逃がしたりと虫に縁があった私。

今は、緑あふれる団地の中や公園で

たくさんの虫たちに季節を教えてもらっています。

ちなみに、没短歌はこれ↓

秋の日の影絵の蝶は息づいて好きの気持ちがはみ出てしまう

次回のお題も楽しみです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 21, 2010

短歌:電話

20100713154442

何事もなかったように虹は消え

きみへの電話をかけそびれてる(小野伊都子)

笹公人さんの笹短歌ドットコムに投稿しています。

ご報告が遅れてしまいましたが

「電話」というお題で投稿した中から、

↑の短歌を、なんと特選に選んでいただきました。

4年前から投稿させてもらっていますが

佳作どまりだったので、最高にうれしかったです!

電話のお題で考えていたとき、

メールではなくて電話で伝えたいことを想像していて

虹が出ていることを電話で知らせて、

いっしょに見るという光景が浮かび、それをアレンジ。

いっしょに見たいと思って虹を見ているうちに虹は消えて

虹を口実にしてかけるはずだった電話がかけられない。

そんなシーンを思い浮かべたものになりました。

投稿されるみなさんの素晴らしい短歌が毎回たくさん読めて、

笹師範のコメントもいただけて、とても勉強になる場です。

これからも、よい歌を詠んで投稿していきたいと思います!

他にも、4首投稿したので、記録のために残しておきます。

受話器からこぼれる祖母の訛りから咲く彼岸花 耳に根付いて

※「耳に根付いて」は、いらないです。
  「咲く彼岸花」までの内容で十分いい歌になります。

   と笹師範にコメントいただいたので、

  受話器からこぼれる祖母の訛りからぽつりぽつりと咲く彼岸花

   と改作しました。

10円を入れてください 今もまだあのアパートに続く電話機

床下に小人をずっと住まわせるように続けたひみつの電話

雨音を聞かせる電話サービスでプエルトリコの夕立ちを買う

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 23, 2007

短歌:バンド・ミュージシャン・歌手10

「小沢健二」

☆神様が恋をしている 口ずさむ歌がオザケンばかりになってる

(小野伊都子)

笹公人さんの笹短歌ドットコムに、投稿しています。

2007年1月のお題は「バンド・ミュージシャン・歌手(アイドルグループ含む)」。

オザケンは、本当に好きで好きでたまらない。

今まで行ったLIVEの中で、いちばん楽しかったのは

まぎれもなく、1996年のオザケンのLIVE。

そのとき、私のお腹には、カイがいた。

『犬は吠えるがキャラバンは進む』と『LIFE』は、

子守唄代わりだったし、今でもよく聴いている。

今は、遠い遠いところにいるオザケンだけど、

いつかまたLIVEをやってくれたら、駆けつけたい。

NYまで、この願いよ、届け!

「うさぎ」も気になる。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

短歌:バンド・ミュージシャン・歌手9

「忌野清志郎」

☆雨上がり夜空に僕が叫ぶのは愛してますのひとことだった

(小野伊都子)

笹公人さんの笹短歌ドットコムに、投稿しています。

2007年1月のお題は「バンド・ミュージシャン・歌手(アイドルグループ含む)」。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

短歌:バンド・ミュージシャン・歌手8

☆真夜中のくるりは砂漠に咲いている花みたいだね

 強い さみしい(小野伊都子)

笹公人さんの笹短歌ドットコムに、投稿しています。

2007年1月のお題は「バンド・ミュージシャン・歌手(アイドルグループ含む)」。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

短歌:バンド・ミュージシャン・歌手7

☆屋上で飛ぼうとしてるきみたちにブルーハーツの歌を届ける

(小野伊都子)

笹公人さんの笹短歌ドットコムに、投稿しています。

2007年1月のお題は「バンド・ミュージシャン・歌手(アイドルグループ含む)」。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

短歌:バンド・ミュージシャン・歌手6

☆道しるべみたいに置かれたYUMINGを過ぎて少女は森へ入った

(小野伊都子)

笹公人さんの笹短歌ドットコムに、投稿しています。

2007年1月のお題は「バンド・ミュージシャン・歌手(アイドルグループ含む)」。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

短歌:バンド・ミュージシャン・歌手5

☆ビートルズ認めなかった亡き祖父のステレオからは

 カーペンターズ(小野伊都子)

笹公人さんの笹短歌ドットコムに、投稿しています。

2007年1月のお題は「バンド・ミュージシャン・歌手

(アイドルグループ含む)」。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

短歌:バンド・ミュージシャン・歌手4

☆からだじゅう CHARAっていう名の楽器なの 

 真似のできない恋をしてきた(小野伊都子)

笹公人さんの笹短歌ドットコムに、投稿しています。

2007年1月のお題は「バンド・ミュージシャン・歌手(アイドルグループ含む)」。

CHARAは、社会人1年生のときに、音楽好きの友だちが

「レコード会社に勤めてる子にサンプルもらったんだけど、

 すっごくいいから、聴いてみて~!!」と勧めてくれたのがはじまり。

それ以来、大好きになって、LIVEも何度も行っている。

人間としても、女としても、妻としても、ママとしても尊敬してる。

CHARAにしか歌えないうたがある。

それを短歌にしてみようとがんばってみた。

真似のできない短歌を詠めますようにという、願いをこめて。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

短歌:バンド・ミュージシャン・歌手3

☆金平糖こぼした午後のひだまりにスピッツがまた地図を広げて

(小野伊都子)

笹公人さんの笹短歌ドットコムに、投稿しています。

2007年1月のお題は「バンド・ミュージシャン・歌手(アイドルグループ含む)」。

スピッツは、ずっとずっと大好きだから、よけいにむつかしい。

しかも、みなさんのスピッツ短歌ってばもう、すてきだから、さらに。

一度でいいから、LIVEに行ってみたいな~。

| | Comments (0) | TrackBack (0)